WiMAX2+を使ってコスト削減してます

こんにちは、ゆうじんです。

私は毎日いくつかのデジタル機器を持ち歩いていますが、それらの機器をインターネットにつなぐためにモバイルWi-Fiも持ち歩いています。

WiMAXにまとめてコスト削減

それぞれの機器に通信回線を契約したりすると、コストがかかりすぎるため、私はスマホもパソコンも、タブレットもモバイルWi-Fiで運用しています。

具体的には、WiMAXを数年使っています。今はギガ放題でWiMAX2+を使っています。

スポンサーリンク

WiMAXのよいところは何より使い放題なところです。確かに、ギガ放題でも3日で10GB以上使うと、翌日に通信制限がかかります。しかし、この通信制限がかかっても十分に早いスピードとなっており、私は困ったことがありません(HPで見ると、実速度は環境によって下がると思いますが、制限後でも最大通信速度は概ね1Mbpsとのことでした)。

この辺り、他社の回線だと、例えば、7GB/月の利用上限を超えてしまうと翌月まで速度が制限されたり、通信制限が極めて遅くまともにインターネットを利用することが出来なくなるケースもあります。

しかし、 WiMAXのギガ放題だと、月間データ量の上限はなく、通信制限がかかっても早いので、使い放題と言ってもほぼいいのではないかと体感で思います。

確か、少し前までは、通信制限された時の通信速度はもう少し遅かったと思いますが、最近スピードが上がりました。WiMAXさんありがとう!

WiMAXのよいところ

  • 複数の機器をつなげることができる
  • 通信制限はあるが、高速でつなぎ放題
  • トータルコストが押さえられる

最近は格安SIMもあるので、コストを押さえる方法は様々あると思うのですが、WiMAXもその中のひとつだと思います。

先ほど述べたように、私はキャリアの契約を解除して、スマホはWiMAXで運用しています(もちろん、別途キャリアの携帯を安く契約して持っていますが)。多くの機器をつなぎ放題にできていることを含めて、トータルコストは安くなっていると思います。

WiMAXのちょっと残念なところ

  • 建物や地下などでつながりにくい時がある

少しだけ残念な部分ですが、電波の届きにくい、地下や壁が厚いような建物に入ると、電波が弱くなることがあります。ただ、私の生活圏ではほとんどつながります(この辺りは生活圏によりけりなのでしょうが、私の場合は地下鉄の駅でも問題なくつながります。ただ、地下鉄で電車で移動しているときはつながりにくいようです)。

利用可能エリアについて、大都市はほぼWiMAX2+がカバーしていると思います。念のため、公式HPにそのエリアが利用可能かどうかを簡単に確認できるので、利用を検討される場合はチェックしてみてください。

また、契約する会社によっては、利用前にお試し期間があったり、一定期間であればキャンセル料も無料となっているというものもあったと思うので、実際に自分の生活圏内で機器を使ってみるということもできます。

なお、対応している機器の場合は、オプションでLTEもつけることができます。どこでもつなぐようにしたいという場合は、WiMAXがつながりにくい地下などでもLTEで高速通信が可能となります。

スポンサーリンク

いろんな会社から選択できます

WiMAXはいろんな会社が契約を提供しています。私は価格コムで選んで契約しました。それぞれの会社でキャッシュバックに違いがあります。私はそもそも長期間契約するつもりだったので、2年契約の縛りがあるけどキャッシュバックが大きなものを選んで契約しました。キャッシュバックを含めると、月額は安く運用できていると思います。

私はGMOとくとくBBさんで契約しました。キャッシュバックも大きかったのが理由です。よくキャリアのモバイルルーターとの比較で、サポートの手厚さが言われますが、ここ数年WiMAXを使っていても、私は特にサポートが必要となるような事態になったことはありません。契約内容の変更や解約などの手続きもホームページにわかりやすく書いているので特に困ったことはありませんでした。

特に、春で新しい生活をされる方もいると思うので、少しでも自分にあった通信環境を安く準備できると良いと思います。気になる方は色々な会社で比べてみられてはどうでしょうか。

では。