Cloud Outliner 2 考えをまとめながら書くのに最適

こんにちは、ゆうじんです。

誰でも最初から長文を構造化して書き下ろしたり、物事を全体像を捉えつつ整理するというのは難しいのではないでしょうか。

最初は一つのアイデア・気づき・情報からスタートし、関連することを調査分析していく中で、より高度な思考に練り上げていくことが多いと思います。

これをアウトライナー(アウトラインプロセッサ)というツールを使って行なうと非常にやりやすいです。私はアウトライナーに出会ってから、間違いなく、生産性が上がったと思うので、ぜひ皆さんに紹介したく思います。

スポンサーリンク

特に、私が使っているのは、Cloud Outliner 2(クラウドアウトライナー2)というソフトです。こちらのソフトは、iOSとMacに対応しています。

Cloud Outliner 2の良い点

  • アウトライナー自体の完成度が高く、使いやすい
  • クラウドを通じて、マルチデバイス間でのアウトラインの共有編集が可能
  • メールなどでアウトラインを出力し、その後の流用が可能

私は移動中などにiPhoneで考えをまとめておき、出力したものを、デスクトップPCでワードなどに貼り付け直して、最終稿へ整えています。

こちらがiOS版での画面です。

iOS版でもMac版でもアウトライナーとしての完成度が高いので、考えや文章を構造化して整理しやすいことに加え、移動中などいつでも使えて同期できるのも良いと思います。非常に生産性が上がります。

記事執筆時点で、iOS版が360円、Mac版が1200円ですが、お値段分の価値はあると思います。気になる方AppStoreでチェックしてみてください。

知識労働に携わる企画職の方や、自分の考え方をまとめたい方、長文を書かれるブロガーや記者の方、論文を書く学生さんなどにはとても強力なツールとなるのではないでしょうか。

では。

スポンサーリンク