ビックカメラ Macアップグレードプログラム

こんにちは、ゆうじんです。

久しぶりにビックカメラさんに行ったのですが、ビックカメラさんでMacアップグレードプログラムという新しいサービスを開始されたのを知りました。Macの価格から2年後の推定買取額を引いた金額を分割で支払うもののようです。

スポンサーリンク

Macアップグレードプログラムとは

Macの価格から2年後の推定買取額を引いた金額を、月々の分割で支払って、Macを利用することができます。そして、契約の2年後の最終回の支払い時に以下から選択することができる。

  1. ビックカメラおよびソフマップの買取カウンターへ下取りに出し、最新のMacに買い替える
  2. 残価を払い切って使用中のMacを買い上げる
  3. 下取りに出して終了する

コスト面ではどうなのか

例えば、最新のMacBook Pro15インチを、このプログラムを使った場合で、コスト的にはどうなのでしょうか。

MacBook Pro15インチ Retina Touch Bar(2.7GHz / 512GB)

プログラムを利用した場合

初回支払 10,612円(税込)
月々支払 10,300円(税込)x23回
支払総額 247,512円(税込)

※上記の総額に加えて、買い取る場合は、残価を支払う必要があります(残価は本体価格の約35%程度とのこと)。

※また、AppleCare Protection Planが標準で付いてきます。

プログラムを利用しない場合(通常購入の場合)

278,800円(税別)

プログラムの良いと思う点

購入時の大幅なコストを、月々で分割して支払うことができるので、初めての方がMacを利用し始めるためのハードルは下がると思います。

また、2年後に最新のMacに買い替えるか、残価を支払って買い上げるか、終了するかの選択ができるのは良いと思います。

スポンサーリンク

私の場合は

ただ、私はそうですね。今の所は利用しないと思います。月々のコストを抑えて新しいMacを使えるのはいいかなっと思うのですが、2年後に最新のものを使うかどうかもわからないし、自分の道具として気兼ねなく使い込みたいという気持ちの方が少しまさるように感じています。

ただ、常に最新の機種に買い換えていくような場合は、プログラムの利用を検討してはいかがでしょうか。

では。

パソコンの周辺機器などはこちらからどうぞ。