ロジクール WIRELESS TRACKBALL M570T トラックボールの名作!

こんにちは、ゆうじんです。

私はMacではほとんどタッチパッドで済ませますが、Windowsを使っているときはトラックボールを使っています。

トラックボールは、マウスと同じく入力の補助をするポインティグデバイスです。トラックボールは慣れれば本当に使いやすいので、多くの人に知ってもらいたく、ご紹介します。

スポンサーリンク

トラックボールとは

トラックボールとは、機器についているボールを指先や手のひらで回転させて、読み取らせた回転方向やスピードに応じてポインタなどを操作するデバイスです。

昔のマウスのボールが上側についていると思えばわかりやすいでしょうか(最近は、ボールのないマウスが主流なので逆にわかりにくいですかね)。

トラックボールのメリットは、トラックボール自体をマウスのように動かす必要がないため、広い面積や腕全体を動かす必要がなく机上の狭いスペースでも使用できる点にあります。

腕をほとんど動かさないので、長時間作業していても快適で、疲れにくいです。私がそもそもトラックボールを使い始めたのは、マウスを使いすぎて、手首が腱鞘炎になったからなのですが、トラックボールを使い始めてから、腱鞘炎となることはなくなりました。

ロジクール WIRELESS TRACKBALL M570T

特に、私が仕事でもプライベートでも使っているトラックボールがあります。それがこちらです。

ロジクール WIRELESS TRACKBALL M570T

>M570T【税込】 ロジクール 2.4GHzワイヤレストラックボールマウス(シルバー&ブルー) Logicool Wireless Trackball M570t [M570T]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

私もいろんなトラックボールを探して使ってきましたが、今の所これに落ち着いています。価格と性能のバランスが良く、バランスからすると現時点での最高傑作だと思います。

トラックボールは、主に手のひらで転がすタイプ、人差し指や中指で回すタイプ、親指で回すタイプがありますが、これは親指で回すタイプとなります。また、ワイヤレスとなっているので取り回しが楽です。

最大の特徴は、手のひら全体をかぶせると本当にフィットする形状となっている点です。緩やかなカーブを描く機器のフォルムが手のひら全体を支え、快適な操作が可能です。

スポンサーリンク

WindowsでもMacでも利用できますし、専用のソフトを入れれば、各種ボタンをカスタマイズすることもできるので、さらに素早い操作が可能になります。

本当に良い製品なので、私は安売りしていた時に複数個購入し、予備を何台か持っています。長期に使っていた初代が若干クリックの感度がおかしくなってきたくらいで、壊れやすいものではないので、予備を含めて長く愛用できると思っています。

パソコンを仕事で長時間使うような方は、ぜひチェックして見てはいかがでしょうか。

では。

いろんな種類のトラックボールを探す場合はこちらからどうぞ。