スケジュール管理アプリ Refills 見やすいです

こんにちは、ゆうじんです。

スケジュールを紙の手帳だけでなく、パソコンやスマホなどでデジタルに管理されている方も最近は多いと思います。

特に、デジタルでスケジュールを管理すれば、GoogleカレンダーやiCloudなどのクラウドを活用して、どのデバイスからでもスケジュールを確認、更新できたり、職場の仲間や家族などと簡単に共有することができます。

私も紙とデジタルの両方でスケジュールを管理していますが、デジタルでは便利なのでクラウドサービスを使っています。この場合、クラウドにデータがあるため、そのクラウドに対応したアプリをいろいろ使うこともできます。

私がスマホで使用していて、便利と思うスケジュール管理アプリを紹介したいと思います。それは、富士ソフト株式会社のRefillsです。

スポンサーリンク

Refillsとは

Refillsとは、富士ソフト株式会社が開発・販売しているスケジュール管理アプリです。iOSにも、Androidにも対応しています。

GoogleカレンダーやiCloudカレンダーなどのクラウドサービスとスムーズに同期し、デバイスを問わずに、タスクやスケジュールを表示します。

また、日、週、月などのカレンダー形式を自由に選択でき、見やすい形式で表示することができます。

Refillsを使っていて良いと思うところ

私は、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも自分のスケジュールを確認することが多いのですが、特にiPhoneでこのアプリを愛用しています。iPhoneで利用していて良いと感じるところは以下のポイントです。

  • Refillsでは、スマホで月間ビューを見ても、個々の予定の内容がわかります。純正のiOSのカレンダーをiPhoneで見た場合、月間ビューでは一見してでは個々の予定の内容はわかりません。私は月単位でパッと見て予定をつかみたいので、月間ビューで予定がわかるのは便利です。
  • システム手帳のように、リフィルのデザインを選択することができます。落ち着いたデザインから、かわいいデザインまであり、好みに合わせて選ぶことが可能です。
  • 日曜始まりや月曜始まりなどを選択することができます。自分の好みの曜日始まりに変更することができるので便利です。
  • iOS版はユニバーサル対応です。ちなみに価格は1200円(記事執筆時)です。

外出中や移動中にパッとスケジュールを確認するには、やはりスマホとなりますが、スマホで月間ビューが見やすいのはとてもよいと思います。

気になる方はぜひ一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク