Edhita: Open source text editor プログラミングエディタ

こんにちは、ゆうじんです。

プログラミングの勉強を始めたばかり、またはこれから始めようとしている方にとって、ネットで一人でも勉強ができるようなサイトがあったり、昔に比べて環境がとても充実していると思います。本当に気軽にプログラミングを学べる環境が整っており、素晴らしいと思います。

今日は初心者で軽くプログラミングに触れたいという方や、軽く出先でプログラミングしたいという方に、無料で面白いアプリがあるのでご紹介したいと思います。

それは、Edhita: Open source text editorです。

スポンサーリンク

Edhitaとは

Tatsuya Tobiokaさんが開発され、無料で配布されているiOS用のオープンソースなテキストエディタです。HTML/JavaScript/スタイルシートが対応しており、そのプログラミングができます。

このアプリはiOSのユニバーサルアプリなので、iPadにもiPhoneにもインストールすることができます。このアプリを使って、iPadやiPhoneで外出先でコーディングできたり、その場でプレビューすることができます。

特徴としては、以下のような機能があります。

  • ディレクトリ、ファイルの管理ができる
  • 内蔵ブラウザでプレビュー表示
  • エディタとブラウザのデュアル表示
  • 作成したファイルをメールで送信できる
  • Markdownファイルのプレビューが可能

無料なので、管理画面などに広告が出ますが、性能を考えると十分です。開発者様に本当に感謝です。

プログラムをいじって遊びましょう

プログラミングを勉強する時に、ただ詰め込み型でしていると、モチベーションが続きにくい時があります。楽しくないと感じてしまうと、せっかく勉強しても身に付かず、上達が遅くなってしまいます。そういった時には、あまり勉強っぽくなくて、プログラミングを楽しむのが一番だと思います。

私がオススメなのは、小さいプログラムで良いので、サンプルとなるコードを少し書き変えて、とにかく、プログラミングした結果を自分で感じることが有効に思います。

このアプリでも、HTMLとCSSをサクッと書き込んでその場で出来具合を確かめることができます。簡単なプログラムであれば、その場ですぐに書き換えて、作ることができます。

例えば、このアプリを使って、私もライフゲームを作ってみました。こんな感じです。

初心者の方であれば、こういったゲームのサンプルコードの一部を書き換えるだけでも楽しいと思います。例えば、縦や横のセルの数を増減させたり、ゲームの進むスピードやセルの色などをいじったり、いろいろできます。

なお、コードはこんな風にフォルダ管理をすることができます。

手軽に、HTML/JavaScript/スタイルシートなどで遊んで見たい方は、一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク