Audiosurf2 オーディオサーフ2 好きな音楽で遊ぼう

こんにちは、ゆうじんです。

私はパソコンで仕事をする時間が長いため、音楽は必需品となっています。合間に音楽を聴いて気分転換したり、単調な作業であれば、音楽を流しながら作業することも多いです。

今日は、私もたまにやって、音楽が好きな方におすすめなゲームがあるのでご紹介したいと思います。

それは、Dylan FittererのAudiosurf2です。

Audiosurf2とは

Audiosurf2(オーディオサーフ2)とは、いわゆる音ゲーの一種となりますが、珍しい特徴を持っています。それは、コースが無限にあるということです。

Audiosurf2では、自分が持っている曲や音声ファイル(mp3やwaveファイルなど)がゲームのコースとなります。

曲や音声ファイルを指定すれば、その音を分析して、自動でジェットコースターのようなコースが生成され、そこにブロックが配置されていきます。

自分の持っている好きな音楽が流れるコースを疾走してブロックを消していくというゲームになります。テンポよくボタンを押すような音ゲー、コースを走るレースゲーム、コース上のパズルを取って消していくパズルゲームの要素があります。

スポンサーリンク

前作からパワーアップした点

自分の持っている音楽によってコースができるという面白いアイデアは前作Audiosurfにもありましたが、内容は前作よりも大きくパワーアップしています。

まず、前作であった難易度の概念がなくなり、代わりに、幾つかのゲームモードになりました。それぞれのゲームモードでずいぶんとゲーム性が異なります。今作では新しくwakeboardというモードが追加されましたが、wakeboardでは曲が盛り上がる部分等でタイミンに合わせて爽快にジャンプできます。ジャンプ中ではクリックでアクションを繰り出せ、得点があがります。サビの部分でタイミングよくジャンプできると気持ちいいです。

そして、なんとMODS、SKIN等に対応しました。世界中のユーザーが作ったMODS等を導入することでより様々な楽しみ方ができるようになっています。ただでさえ、自由度が高いゲームですが、より自由度が増しました。

他にも、自分のパソコンに保存されている音楽だけでなく、音楽共有サービスSoundCloudから曲を選択することができるようになりました。

また、ゲーム中に、他にその曲で遊んだライバルたちのグローバルスコアが見られるため、一人で遊んでいても、世界中のライバルと競争することができます。

私の感想

音ゲー、パズルゲー、レースゲーにそれぞれ専門に特化したゲームの方が、ゲームとしては複雑で奥深いのかもしれませんが、サクッと遊ぶという場合はとても適している思います。1ゲームの長さも1曲程度の長さであり、気軽に遊べます。

そして、何より、自分の好きな音楽に合わせて遊べるというのが良いと思います。好きな歌を熱唱しながら、ハイスピードにコースを疾走すれば、ストレス解消になります。

STEAMでは1,480円(記事執筆時)で購入できますが、たまにセールで割引もされています。

気になった方は、ぜひ一度、チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク