スノーピーク snow peak ダブルウォールマグ 保温・保冷性バツグンです

こんにちは、ゆうじんです。

キャンプで焚き火を囲んでゆっくり過ごす時間や、登山やトレッキングでしばし休憩する時に、欠かせないギアとして、マグカップがあります。

国内外のいろいろなブランドから、サイズや素材の違うものがたくさん販売されています。機能性の違いはもちろん、デザインも様々なので、どれを使うか迷ってしまいます。

今日は、私がソロでのトレッキングやキャンプに持って行っているお気に入りのマグカップを紹介します。

それは、スノーピーク(snow peak)のダブルウォールマグ300フォールディングハンドルです。

スノーピークのダブルウォールマグの特徴

豊富なサイズがあります

飲みたいものや量に対応できるよう、異なる容量のマグカップが発売されています。チタンマグでは、240、300、450、600mlの容量のサイズが揃っています。

チタンで高い保温・保冷性です。

熱伝導率が低く、軽て丈夫なチタンを使っています。熱い飲みものを入れても、マグカップに口をつけた時に熱くてびっくりするようなことはありません。

さらに、高い技術を使って二重ウォールになっています。外気との間に空気の層があるので、さらに保温・保冷性がよいです。

折り畳みハンドル装着

ハンドルが折り畳めるため、持ち運びの際にかさばりません。もちろん、使用時にはとても握りやすく使えます。

スポンサーリンク

私が使っていてよいと思うところ

私は登山やキャンプ、トレッキングなどに出かける時に、このチタンマグの300mlサイズを愛用していますが、使っていていいなと思う点は以下のところです。

まず、何より保温性がよく、機能性が高いところです。フィールドで飲む温かいコーヒーや紅茶は格別です。長い時間、温かさを保ってくれるのはとてもうれしいです。

また、キャンプなどで夕食後に焚き火を囲んでゆったり過ごす時間、ウィスキーをロックで楽しむ時に、保冷性の良いこのマグカップは最適です。氷が溶けにくく、結露しにくいので、使い勝手がよいです。リラックスタイムを豊かにしてくれます。

ちなみに、保温・保冷性がよく、結露もしにくいので、職場でコーヒーを飲んだり、冷たいものを飲むのにも適しています。結露でデスクの上が濡れる心配が少ないです

ちなみに、私の失敗談なのですが、このマグは絶対、直火にかけてはいけません。シングルウォールのマグと勘違いをして、つい直火にかけてしまったことがあります。当たり前ですが、二重ウォールの内側の空気が温められ、底がボコボコになりました。私のようなおっちょこちょいの方はいないと思いますが、ぜひご注意ください。私の場合は、底をたたいてある程度元に戻せました。それも良い思い出として、それ以降も愛用しています。

保温性もよく、素晴らしいマグカップです。

気になった方は、ぜひ一度、チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク