ラーケン LAKEN クラシック・サーモ マイボトルを持ち歩こう

こんにちは、ゆうじんです。

水分補給として、寒い時期には温かいコーヒーや紅茶、暖かい時期には冷たいお茶などを飲むと思います。徐々に暖かくなってきましたが、特にこれから水分補給が大事になる時期がきます。

節約のために自宅で作った飲み物を持って行っても、また、出先でスタバなどでコーヒーを買ったり、コンビニで冷たいお茶を買った時でも、マイボトルがあると便利です。冷たいものは冷たいままで、温かいものは温かいままで飲めます。

私が現在、職場への移動や出先で使っているマイボトルをご紹介したいと思います。それは、ラーケン LAKENクラシック・サーモ(シルバー)です。

スポンサーリンク

ラーケン LAKEN クラシック・サーモ

世界最大級のアルミボトルメーカーのProductos Deportivos社が作っている丸筒タイプのボトルがLAKENです。見た通りシンプルなデザインで、丈夫なのが特徴です。保温にも、保冷にも対応したステンレス真空断熱ボトルで、アウトドアにも最適です。

加えて、ボトルの口径が53mmと広口タイプになっていて、注ぎやすく、洗浄もしやすくなっています。

キャップはハンドル部が斜めになっており、握りやすくなっています。キャップの持ち手の穴が大きいため、そこに指を通すと、ボトルとキャップを一緒に持つこともできます。これは外で飲むときにも便利です。

シルバータイプもオススメです

カラフルなカラーのボトルがラーケンの特徴の一つでもあるのですが、私が最近愛用しているのは、シンプルにシルバーとしています。

その理由なのですが、これまで何個かマイボトルを使ってきましたが、私の使い方がよくないせいか、長く使うと残念ながらどうしても塗装が剥がれてきてしまいます。特に、置いたときに触れる底の塗膜から剥がれる事が多いです。こんな感じにです。

金属に塗った塗膜が一度剥がれ始めると、なかなか止まりません。保温・保冷性能には全く問題ないので、気にせず使えばいいのですが、見た目が悪くなるので、残念ですが私の場合は自宅で使うようにしています。寿命として諦めることもできるのですが、性能が落ちていないのに、自宅でしか使えなくなるというもの残念であります。折角、気に入って買ったボトルなので、できるだけ長く使えればいいなと思います。

なので、最近は、もともと塗装していない生成りのシルバーを使うようにしています。これなら塗膜がないので、長く使っても塗膜の剥がれを気にせず使えます。

シルバータイプの真空断熱タイプでかっこいいボトルがなかなか見つからなかったのですが、色々探して、私はこちらを現在愛用しています。

気になった方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク