TM NETWORK 大好きです

こんにちは、ゆうじんです。

私は趣味で、DTMを楽しんでいますが、今から振り返ると、若い頃に好きでよく聞いていた音楽が自分自身に大きな影響を与えているなあと感じます。

いろんなジャンルや音楽を雑多に聴いてきたので、特定のどのジャンルが好きというわけではないのですが、やっぱりみんなが口ずさめた昭和の歌謡曲の偉大さはすごいと思います(自分の中の思い出補正がかかっているのもあるのでしょうが、やっぱり80年代から2000年くらいまでの間の歌謡曲はすごい良いです)。

さて、そういう意味で好きなアーティストや歌手は多いのですが、私が好きなグループの一つを今日はご紹介したいと思います。それは、TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)さんです。

スポンサーリンク

TM NETWORKとは

私たちの年代の方やもう少し若い方には言わずもがな、有名なグループと思うのですが、若い方は、90年代以降の小室氏のプロデューサーとしての活躍のイメージが強いかもしれないので、簡単にご説明します。

TM NETWORKとは、1984年に小室哲哉氏(シンセサイザー)、宇都宮隆氏(ボーカル)、木根尚登氏(ギター)で結成された3人組のユニットです。打ち込みによるデジタルなサウンドが特徴です。メンバーはずっと変わらずこの3名ですが、TMNの名前で活動していた期間もあります。

素晴らしいアルバムをいつくも出していますが、1988年にリリースしたアルバム「CAROL」はそのアルバムの曲が全体で1つのストーリーとなる面白い演出をしています。加えて、ライブのステージや小説も出すなど、いわゆる、メディアミックスで成功しています。今聞いても面白いです。

一般的に有名なTMNの曲としては、アニメ「シティーハンター」のエンディングテーマの「GetWild」と思います。この曲を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

小室氏はプロデューサーとしても敏腕で、90年代の日本を代表する音楽プロデューサーです。小室氏がプロデュースしたアーティストや楽曲は大ヒットを連発し、小室ファミリーや小室ブームというほどの社会現象を起こしました。

私とTM NETWORK

TM NETWORKのシンセサイザーを駆使したデジタルなサウンドとかっこいい曲調は、当時、音楽の知識のなかった私にもかっこいいなと素直に感じさせました。

まだカセットテープが全盛の時代だったので、よくハイポジのテープにCDを録音して聞いていました。

この頃から音楽をよく聴くようになった私は、それからバンドをやりたいと思うようになり、ギターをやるようになりました。

で、その後、随分たってDTMを趣味にやるようになりました。そして、よりTM NETWORKが好きになりました。

ちなみに、なんやかんや書きましたが、私はTMNの曲の中では「Resistance」が実は好きです。。。

GET WILD発売30周年記念アルバム

そのTM NETWORKが、今年2017年の4月5日(水)に「Get Wild」の発売30周年を記念したアルバムを発売します。

しかも、なんと、すべての収録曲は「Get Wild」だけです。過去に発表されたさまざまなバージョンを収録しています。とても気になりますね。私も発売を楽しみにしておきます。

また、TM NETWORKの音楽を聴きたくなった方は、一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク