折り畳み傘専用のかさ袋で、濡れたまま鞄に入れられます

こんにちは、ゆうじんです。

早速ですが、皆さんは雨の日はお好きでしょうか。人によって雨が好きな方もいますが、私は雨はあまり好きではありません。

理由は、雨自体というより、雨の日に出かけた時に、濡れた傘を持ち歩くのが煩わしいためです。特に、折り畳み傘は、一度濡れるとカバンにしまうこともできず、手で持たないといけないため、手が塞がってしまいます。

傘も買ったばかりの時は、撥水効果も高いので、できる限り水気をはらってカバンに入れるということもできるのですが、撥水効果が薄れてくるとそういうこともできません。

そんな私がプレゼントでもらって、便利だなと思っている雨の日の便利グッズがあるので、今日はそれをご紹介したいと思います。

それは、こちら、折り畳み傘専用のかさ袋です。

スポンサーリンク

折り畳み傘を入れる袋なんて、もともとの傘についているもの以外にあるとは思ったことがありませんでした。この傘袋をもらって初めてこういう商品があることを知ったのですが、使ってみて本当に便利さを実感しています。

写真のものはポップな図柄ですが、いろんなメーカーから同様のものが販売されており、大きさや柄もたくさんの種類があります。男性でも女性でも、大人向きも学生さん向きのものもいろいろあります。

で、かさ袋のよいところなのですが、多くのかさ袋の内側はタオル生地となっており、吸水性が高くなっています。折りたたみ傘が濡れた状態でしまっても、生地が水気を吸い取ってくれます。

電車やバスなどの乗り物に乗る際や、客先に行く時、買い物で店内に入ったりした時など、折りたたみ傘が手元にあると邪魔な場面でも、すぐにカバンの中にしまうことができます。

私のものは、内側はタオル生地ですが、外側はナイロン製になっているので、さらに中から水が染みてくるようなことも減らしてくれているようです。

水気を吸った後のカバーが雑菌の温床になってしまうと、匂いが出るのではとご心配の方もいるかと思いますが、傘を入れやすいように、ほとんどのものがジッパーで全開できるようになっていたり、広く開けられるようになっています。使った後は、内側を外側に広げれば早く乾燥し、雑菌が繁殖するのを防げます。また、そもそも抗菌性のものも販売されています。

私は使うたびに乾燥させていますが、続けて何度か使った場合は、一応、軽く洗って干しています。丁寧にやっている方だと思いますが、普通はそこまでしなくても大丈夫と思います。

今は、春になったばかりなので、それほど傘を使う機会も少ないですが、すぐに来る梅雨の時期がきます。雨の日でも、こういう便利グッズを使って、便利に、そして気分良く過ごしたいですよね。いろんな種類があるので、自分の折りたたみ傘にあった好みのものを探すのも楽しいと思います。

気になった方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク