手作りステッカー用ラベル エレコム EDT-STSW(耐水、UVカット、強粘着)

こんにちは、ゆうじんです。

みなさんは、持ち物にステッカーを貼ることはありますか?

私は昔はあまりステッカーを貼ることはなかったのですが、今はプライベートで使っているパソコンや周辺機器、アウトドア用品、旅行用のトランクなどによく貼るようになりました。

年甲斐もないのかもしれませんが、、、ステッカーを貼ることで、他の方のものとわかりやすく区別できますし、自分だけのものという所有感も高まります。何よりかっこいいステッカーはおしゃれでいいですよね。

そのため、私は旅行した際に、現地だけで売られているステッカーや、かっこいいステッカーがあれば、ついつい買っています。

それが高じて、自分ならこんな風なステッカーが欲しいと、オリジナルのステッカーを自作することがあります。

自作?というと敷居が高いように感じますが、実際にやってみるととても簡単な割に、出来上がって使う満足感が高いので、ご紹介したいと思います。

私がよく使っているのはこちら、エレコムの「手作りステッカー(強力粘着タイプ) EDT-STSW 」です。

スポンサーリンク

エレコム手作りステッカー EDT-STSW

エレコムさんの手作りステッカー(強力粘着タイプ) EDT-STSWは、自宅にあるインクジェットプリンターで、オリジナルのステッカーが簡単に作成できます。

値段を公式HPで確認すると、A4サイズ・3枚分で1,100円(税別)が標準価格となっていますが、私が購入した量販店ではこれより安く売られていました。

私がこの製品の良いと思うところは次の点です。

  • 長持ちする「強力粘着タイプ」です。
  • 高耐水・高耐侯性の素材を使っており、外で使うものにも貼れます。例えば、自転車やヘルメット、スケボーなどのアウトドア用品や、旅行用のトランク等にも貼ることができます。
  • 普通の家庭用のインクジェットプリンターで作れます。

作り方について

作り方は付属の説明書にも丁寧に書いてあるのですが、どんな風に作るのか簡単に説明します。

1.ステッカーにしたい画像を準備する

ステッカーにしたい画像を、オリジナルで作成するなどして用意します。最終的にラベルのA4の用紙にプリンタで印刷できれば良いので、JPEGでもPNGでも形式は問いません。

2.用紙にその画像を印刷する

製品についているA4の専用用紙にその画像を印刷します。ちなみに、オススメの設定として以下の設定が推奨されています。

メーカー 用紙設定 印刷モード
エプソン EPSON写真用紙 標準
キャノン 光沢紙/写真用光沢 きれい

印刷する時には、レイアウトを工夫してたくさんのステッカーをA4サイズの用紙に収まるようにすると、一度にたくさん作成することができます。

あと、一度、ラベルの用紙に印刷する前に、普通のコピー用紙でも良いので試しで印刷することをおすすめします。印刷可能な範囲や色合いなどを確認するとよいです。

3.UVカットフィルムで印刷した紙を保護する

2で画像を印刷した用紙に、製品に同封されている透明なUVカットフィルムを貼ります(以下の写真が、ステッカーを作る1セットになります。画像を印刷する用紙と、透明なUVカットの保護フィルムです。手前の白い紙に画像を印刷します)。

UVカットフィルムを貼ることで、耐水・耐候性があるステッカーとなります。

4.ステッカー部分を切り取って完成

A4サイズの用紙の中に、たくさんのステッカーが出来上がりますので、それぞれのステッカーを切り取って完成です。

自分だけのオリジナルステッカーで、お気に入りのものをデコると気分も上がります。

気になった方は、ぜひ一度、チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク