「SpeedRunners」ハマるハイスピード対戦かけっこゲーム!

こんにちは、ゆうじんです。

STEAMでセールされていたので、ふと購入したゲームがあるのですが、超あたりのいわゆる「神ゲー」だったので、ぜひ皆さんにご紹介したいと思います。

それは、こちら「SpeedRunners」です。

スポンサーリンク

SpeedRunnersとは

SpeedRunnersは、2Dの4名対戦のハイスピードかけっこゲームです。操作は非常にシンプルですが、スピーディな展開と奥深い戦略で中毒性があります。

開発元はDoubleDutch Games、 パブリッシャーはtinyBuildで、2016年4月に正式リリースされています。STEAM版はWindows、Mac、Linuxに対応しています。他にも、Xbox One、PlayStation 4でも遊べるようです。

ゲームの内容は極めてシンプルです。4名のキャラクターが、コースを全力で走って、競い合い、先頭を走るキャラクターから離され、画面から置いてけぼりを食らうと脱落します。

最後の一人になるまでコースを走り続け、最後の一人になるとポイントをゲットすることができます。3ポイントたまると勝者になります。

キャラクターは、アメコミ調ですが、コミカルさもあり、意外にはまります。キャラクターは最初は色々選べませんが、徐々にアンロックされて、好みのタイプを選択することができます。

コースは起伏に富んでおり、パルクールのように飛んだり、跳ねたり、スライディングしたり、壁を登ったりします。また、ターザンのようにロープをフックでかけて移動することもできます。

このようなアクションを駆使しながら、全力で疾走するので、非常にスピード感があります(昔のゲームですが、ソニック的な感じもあると思います)。

コースは多少の分岐もあり、対戦者のコースどりも見ながら、自分の行くべきコースを選択してタイム短縮を目指します。

ちなみに、勝負がなかなかつかず、時間が経つと、少しずつ画面が小さくなってきます。画面から脱落すると負けなので、勝負がつきやすくなってきます。

また、コースの途中にあるボックスでアイテムをとることもできます。

アイテムはランダムに付与されますが、敵に投げることのできる障害物であったり、追尾ミサイル、爆弾、衝撃波、ワイヤー、ドリルなど、使いどころによって一気に優位に立てるようなアイテムたちが満載です(個人的には、先頭の人を捕まえて、順位を入れ替える極悪なワイヤーが大好きです)。

STEAM版では日本語には対応していませんが、言葉がわからなくても十分楽しめます。チュートリアルが準備されているので、それをやれば、数分で操作はマスターできると思います。

今回はあまり紹介できていませんが、コースの種類も色々あるので、雰囲気の異なったコースを走ることができます。

あと、大事なことを忘れていましたが、マルチプレイに対応しており、ネットを通じてでもフレンドたちと遊ぶことができます。

こんなに夢中で走ったのは久しぶりだぜぇ〜的な感じで、のめり込んでしまうと思いますが、友達をなくさない程度にワイワイやるのが楽しいと思います。

気になった方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク