KFCのチキン用指手袋「フィンガーナップ」は超便利!

こんにちは、ゆうじんです。

もうすぐ来る夏に備えて、秋から冬に蓄えた脂肪を徐々に減らすため、最近、糖質制限ダイエットを行なっています。

そんなに厳しい糖質制限ではなく、ゆるやかな制限でストレスをためずにやっています。制限しているかどうか意識がないほどですが順調に体重は落ちていっています。

※写真は残念ながらイメージ図です。。。

ま、年も年なので、単に落とすだけでなく、運動で筋肉もつけるようにしないと、落としたくないところのお肉も落ちてしまいます。。。

さてさて、今日はそんな糖質制限中でも気兼ねなく食べられるケンタッキーフライドチキン(KFC)」で感動したものをご紹介したいと思います。

それは、フィンガーナップです!

スポンサーリンク

フィンガーナップとは

フィンガーナップという名前から、どんな食べ物かとご想像されているかもしれませんが、今回ご紹介するのは、実は食べ物ではありません。。。

フィンガーナップとは、KFCのチキン用指手袋です。

KFCのチキンを素手で食べると、指に油などがどうしてもつきます。勿論、油が取れるナプキンやウェットティッシュも付いてきますが、それだけではなかなか取れにくい時もあります。特に、KFCのスパイスのきいた衣や肉汁は、KFCの美味しさの象徴ですが、食べた後、指に残ると結構べたついてしまいます。

しかし、今回ご紹介するフィンガーナップをつけることで、手に油などをつけずに食べることができます。

頼まないともらえませんよ!

フィンガーナップは、昨年2016年12月にKFCに正式導入されたようなのですが、私が行くお店は最近導入されたようです。。。全く知りませんでした。

順次、取り扱っている店舗を増やしているようで、対応店舗には、このようなマークがレジ近くに表示されています。

私も、レジの近くに表示されていたお知らせで、フィンガーナップの存在を知りました。。。

ちなみに、フィンガーナップは頼まないともらうことはできませんが、店員さんに頼めば心よく出してくれます。

チキンを注文し、店員さんに「フィンガーナップください」と言うと、次のようなケースを出してくれます。

この中に、フィンガーナップが入っており、必要枚数をもらうことができます。取り出してみると、こんな感じです。

左右の部分が袋状になっており、ここにチキンを持つ時に使う親指と人差し指を入れます。

使い心地、最高です!

初めて見たときは、あまり便利そうに感じませんでしたが、実際に使ってみると超便利です!

親指と人差し指、そしてその指の間がフィルムでカバーされるので本当に指が汚れません。

また、フィルム製の指袋なので持ちにくくくなるのではと思われるかもしれませんが、素手で食べている感じとあまり変わりません。食べやすいです。

私は今後は必ずもらうようにしたいと思います。それくらいオススメです!

手が汚れるから、外でKFCを食べるのはちょっとと、避けていた方にはぜひ一度試していただきたいと思います。

気になった方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク