Baldur’s Gate EE(バルダーズ・ゲートEE)攻略記(その22)

こんにちは、ゆうじんです。

お盆をはさみ、ドラクエⅪもこっそり攻略しているため、更新に時間がかかってしまいましたm(_ _)m。バルダーズゲートEEの攻略記その22です。

前回は、アイアンスロウンのリーダー・リエルタールたちを追って、キャンドルキープに戻りました。彼らの悪事の明確な証拠を手に入れるためです。

故郷キャンドルキープで捜査をする途中で、養父ゴライオンからの手紙を見つけました。それにはガラコの驚くべき出自が書かれいました。ガラコは邪神バールの子供の一人でした。バールの子供たちには善も悪もおり、互いに殺し合って、最後に生き残ったものがバールの力を手に入れることになるようです。

自身の出自の秘密に驚きながらも、捜査を続行するガラコたちでしたが、サレヴォクの計略によって、リエルタール殺しの罪を着せられ、牢獄に捕らえられてしまいました。

スポンサーリンク
●主人公ガラコ:人間、ファイターの脳筋好青年。行く先々で命を狙われ続ける。不幸を引き寄せる男。なんと、邪神バールの子供の一人。自分の出自を知ったら知ったでより悩みが深くなる。敵のサレヴォクもガラコの秘密を知っている模様。
イモエン嬢:人間。ガラコと同じくゴライオンに育てられた妹的幼馴染。多分、メインヒロイン。言葉通りの押しかけ女房。遅咲きだが、念願のシーフ/メイジのデュアルクラスに転職。悩むガラコを支え続けるけなげな娘。
カリード:ハーフエルフ、ファイター。名誉を重んじる良識派で、パーティの精神的支柱。ジャヘイラさんの旦那さん。ジャヘイラとともに善なる秘密結社・ハーパーズの一員。ゴライオンの旧友でガラコの出自もどうやら知っていた模様。
ジャヘイラ:ハーフエルフ、ドルイド姉さん。カリードの奥様。パーティの重要な回復役。ハーパーズという秘密クラブの会員。決して怪しいクラブではないが、釘バットを振るう姿に萌える男性も多いとか多くないとか。
アジャンティス:人間、熱血パラディン。ちまたで増える野盗の狼藉ぶりに公憤を覚え、いざ冒険者の道へ。猪突猛進の危険人物。同じ堅物でも、カリードには冗談が通じるが、こちらには本当に冗談の通じないお堅いお方。
ニーラちゃん:ハーフエルフ、ワイルドメイジのドジっ子魔法使い。典型的なツンデレイモエンがメイジになり、対抗意識が再燃。出自を知ったガラコと、それを支えるイモエンの絆の深さを目の当たりにして傷心中。

無実を訴えても全く聞いてもらえませんが、幼い頃に可愛がってくれていた老魔術師テストリルが信じてくれ、牢屋からの脱出を手助けしてくれ、地下墓地へ転送してくれました。

サレヴォクはガラコたちが審判にかけられるバルダーズ・ゲートへ先に戻っているとのこと。サレヴォクを追うためにも、今回はまずは地下墓地を抜けましょう。

では、はじまり〜、はじまり〜。

※なお、文中のキャラクターの発言・行動は、ゲーム内での会話や行動をそのまま使っている以外に、筆者が脳内補完して追加している部分がありますので、ご容赦ください。

※キャラ画像はブリリアントサービスさんの「星宝転生ジュエルセイバー フリーコンテンツ」を利用させていただいています。

タイトル:[ジュエルセイバーFREE] URL:[http://www.jewel-s.jp/]

地下墓地からの脱出

テストリルから転送された小部屋を出ると、そこには地下墓地が広がっています。さあ、地下墓地を早く出て、サレヴォクを追いかけましょう。

ガラコ

サレヴォクめ、見ていろよ!!

こんなところにも奴らが…

地下墓地を少し進むと、フリディアさんが近づいて来ます。

フリディア「私の本!貴様、私の本を盗んだわね!スーーー!」

なぜこんなところに彼女が、しかも本なんて盗ってなんていないよと思ってると、フリディアさんはいきなりドッペンゲルガーに変身します。

たかだか1匹なのですぐに倒すことができましたが、こんなところにもアイアンスロウンの手先ドッペンゲルガーがいるということは、すでに手が回っている可能性があります。心して進みます。

地下墓地は罠だらけ!!

地下墓地は恐ろしいほど罠がたくさん仕掛けられています。しかし、イモエンがメイジに転向したため、ガラコ一行には現在、シーフがいません。

そのため、普通に道を歩いていても、、、ライトニングボルト!

部屋に入っただけでも、、、マジックミサイル!

敷居をまたいだだけでも、、、ファイアボール!

宝箱を開けようとしただけでも、、、ファイボールその2!

ことごとく設置された罠にかかってしまいます。

٩(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)۶ 泣いてなんてないモン!

シーフがいないのは仕方ないので、全ての罠に引っかかるつもりで、ダメージを都度回復しながら進みます。しかし、罠も種類によっては、パーティ全員に大ダメージを与えたり、さっくりと死んでしまうものもあるので、本当はこんな攻略方法は邪道なのだと思います。。。

イモエン嬢

「みんな、ごめん。私がシーフからメイジになったから。」

ガラコ

「(血まみれになりながら)いいんだよ、イモエンがよければ、、、(ガクっ)」

ジャヘイラ姉さんの回復魔法が大活躍です。。。

ガストと蜘蛛がいっぱい

地下墓地だけあって、どの部屋にもガストや蜘蛛が発生しています。死体が山積みの部屋で、腐敗臭のするガストを退治したり、

また、魔法で転移するフェーズスパイダーなどを退治します。

脱出経路を探索する中で、魔法のクロークを手に入れました。クローク・オブ・プロテクション+2「精神の盾」です。

入り組んだ地下墓地を、罠にハマりながら、血まみれになって進んだガラコ一行ですが、これ以外は特に、良い装備は発見できず、、、。

(・ε・`)世の中って厳しいわぁ〜

迷路のような地下墓地を抜けると、少し広い場所に出ます。

墓地のさらに奥へ

少し広い場所に出たので、地下墓地をぬけたのかと思いますが、どうやらまだここは墓地の一部のようです。

ここにも町の人たちに化けたドッペンゲルガーがたくさんいます。彼らに声をかけると、錯乱したような話をして、いきなり襲ってきます。

ドレッピン「貴様がネッサを暗殺したんだろ?キープにお前のような者を残してしまったとはな!ウォーーー、肉が…」

ドレッピン以外にも、ジョンダラー、ハル、カラン、フラー、パルダ、リーパーなど、昔からよくしてもらった町の人たちになりすまして攻撃してきます。

ま、普通のドッペンゲルガーで、それぞれ一体ずつとの戦いなので楽勝です。

亡き父までもが…

襲ってくるドッペンゲルガーや、スケルトンなどを撃退しながら、地下墓地を進みます。

すると、なんと、エルミンスター、ゴライオン、テストリルの3人が通路に立っています。。。

エルミンスター「ガラコ!やめなさい、頼む!汝はこのホールを罪もない者の血で満たした。もうこれ以上そのような行為を許すわけにはいかん。」

ガラコ

「下がってくれ!父はもう死んだというのに!」

すると、亡き父ゴライオンが一歩でて話はじめます。

ゴライオン「いいんだ、ガラコ。もういい。あの夜私は死ななかったのだ。私を切った剣には、仮死にする魔法の毒が塗られていたのだ。毒は抜けたのだ。

テストリル「サレヴォクがいなくなったから、エルミンスターはゴライオンを安全な場所に連れてくることができたじゃ…。ガラコよ、許してくれ。もっと早く伝えるべきだったが、確実に大丈夫とわかるまでは伝えることができなかったのじゃ。」

うーん、あの夜、ゴライオンは明らかにガラコの目の前で斬り伏せられたはずなのですが、エルミンスターも、ゴライオンも、テストリルも他のドッペンゲルガーと違って、論理的にこちらを説き伏せようとしてきます。

エルミンスター「お願いだ。その剣と狂気をおめてはくれないか。わしたちと来るのだ。安全なところへ連れて行ってやろう。」

ガラコ君は悩みます。ひょっとしたら、父は生きていたのかも、、、。しかし、エルミンスターが最初に言った『罪もない者の血』と言っていました。ガラコ君たちが倒したのはドッペンゲルガーです。これはおかしい!!

ガラコ

「エルミンスター。あなたは罪もない人の血で染まっていると言ったが、では、聞き覚えのある声や、懐かしい顔で襲ってきたのは誰だというんだ!」

しかし、なおも、エルミンスターは食い下がってきます。

エルミンスター「こんなことになってしまったのは、わしの責任だ。よく聞くのだ、ガラコよ。ドッペンゲルガーと強力な魔法を使って、サレヴォクは汝を恐ろしい幻想の中に引き込んだのだ。この幻想を振り払って、わしたちと現実の世界へ戻ろう

エルミンスターは真実を言っているのか、自分の記憶が間違っているのか、わからなくなってきます。ガラコはイモエンを見ます。

イモエン

「ガラコ、あなたの直感を信じて!」

ガラコは悩みつつも、最初に自分が感じた違和感を信じます。この3人は自分の知っている人たちではなく、ドッペンゲルガーです。しかし、ドッペンゲルガーとはいえ、自分の父たちの姿をしたものを攻撃するのは躊躇われます。

ガラコ

「いや、いらない。即刻、立ち去れば殺さないでやる!

エルミンスターの姿をした者は、決裂したことを確信し、「スーーー、肉め!勝手に怒れ。そなたを引き裂く我々の爪を感じるがいい!」と姿を現します。やはり3人は、グレーター・ドッペンゲルガー1匹と、ドッペンゲルガー2匹でした。

グレーター・ドッペンゲルガーは魔法を使うため、最初に倒したい強敵です。

戦闘が始まるとすぐに、グレーター・ドッペンゲルガーはミラーイメージを唱え、守りを固めます。

こちら側は、ガラコが俊足をいかして距離をつめ、グレーター・ドッペンゲルガーを近接攻撃、イモエン、ニーラはスリープでドッペンゲルガーを眠らせます。ジャヘイラ、カリード、アジャンティスもそれに続き、物理攻撃の第二波を仕掛けます。

グレーター・ドッペンゲルガーに攻撃を避け続けられたため、若干時間がかかりましたが、接近戦での物理攻撃のラッシュで押し切り倒すことができました。

スポンサーリンク

墓地を抜けて地下洞窟へ

その後も、ウィンスロップに化けたドッペンゲルガーなどの襲撃も退けて、先に進みます。

すると、とうとう地下墓地をぬけたのか、明らかに洞窟のようなところにでます。

地上が近いのかもしれません。キャンドルキープから無事脱出できたのではないかと少し安堵します。しかし、しばらくすると、アイアンスロウンの見張りらしき男に出会います。

プラット「誰だ!サレヴォクを待っているんだ。」

ドッペンゲルガーの猛攻に耐えて、ここまで来たので、正直あまり争いたくありません。芝居をうって切り抜けをはかります。

ガラコ

「サレヴォク隊の仲間だ。助けに来た。」

しかし、大根役者のガラコ君だったので、バレてしまいました。

プラット「ウソつくんじゃねえ!お前、ガラコだろう?さあ、みんな、早いところ片つけてしまおう。」戦闘開始です。

٩(๑꒦ິȏ꒦ິ๑)۶ 泣いてなんてないモン!

相手は、プラット、サクル、タム、ポーという4名のアイアンスロウンの兵隊たちです。

魔法で姿を消したり、コンフュージョンを唱えてきたり、トリッキーな攻撃を仕掛けてきますが、強力な魔法や攻撃をしてくるわけでなかったため、ガラコ一行も特に苦もなく撃退することができました。

ガラコ君の演技がバレた時は焦りましたが、助かりました。。。

ここまでアイアンスロウンの手のものがいるとなると、用心が必要です。そこで情報を仕入れるために、倒した者の遺体を探ると、手紙が出てきます。

その手紙は、サレヴォクからプラットへ送られたもので、「私の計画は最も満足な形で実ろうとしている。お前をそこに一人にして悪いと思うが、リエルタールの地位を継ぐために町に帰る必要があったのだ。もしうまくことが運べば数週間後には私は大公になるだろう。」と書いてあります。

リエルタール殺しをガラコの仕業にすることで、ガラコを陥れて死罪にし、また、リエルタールの後継からさらにその上の地位を狙うという一挙両得の作戦のようです。サレヴォクとはなんと計算高い敵でしょうか。

それにしても、なぜここまでサレヴォクは、ガラコを目の敵にして殺害しようとするのでしょうか。ガラコ君には身に覚えがありませんが、あるとすれば、ガラコ君がバール神の血を引いていることと関係があるのかもしれません。現時点では推測でしかないので、サレヴォク本人に直接会って、無実の罪をかぶせた落とし前をつけてもらう前に確認するようにしましょう。。。

蜘蛛が生息中

プラットたちを撃退し、さらに地下洞窟を進むと、さすがに地下洞窟だけあって、モンスターも住み着いています。

ソードスパイダーや、フェーズスパイダーといった蜘蛛の巣があちらこちらにあり、何匹もガラコたちを襲ってきます。

蜘蛛の糸に絡められ、身動きができなくなることもしばしばですが、蜘蛛自体は強くないため、撃退して進みます。

こんなところに石像が??

蜘蛛の巣も過ぎ去り、そろそろ出口がみえてきてもおかしくありません。出口に何か待ち構えているかもしれないので、気をつけて進みます。

ガラコたちが慎重に進むと、立派な石像が何体も洞窟に置かれているのを発見します。躍動感に溢れた戦士たちの像です。

ガラコ

「こんなところになぜ石像が?」

神の子でも、脳筋好青年のガラコ君は気づきませんでしたが、博識な魔女っ子のニーラちゃんが気づきます。

ニーラちゃん

「前にもこんな石像を見たことがあるじゃないの。ナシュケルのカーニバルでみたプリーストの石像よ!」

そうです、以前、生きた人間が石像にされていたのを見たことがありますが、まさしくそれと同じです。

とすると、この石像は石化された人間。では、人間を石化するモンスターといえば、、、そうです、バジリスクです。

ガラコたちが不用意に石像に近づくと、近くにいたバジリスクたちが襲ってきます。しかも、普通のバジリスクではなく、なんとグレーター・バジリスクが3匹同時に攻撃してきます。

石化の力が強い強敵が3匹同時に出てきたため、戦闘の途中で、カリードとニーラちゃんが石化されるというトラブルがありましたが、生き残った者でとにかくまずは撃退しました。

その後、スクロールケースの隅に残してあったストーン・トゥ・フレッシュの巻物で、石化された者たちを回復することができました。備えあれば、憂いなしです。

出口に待ち構えるは…

グレーター・バジリスクたちを倒してさらに進んでいきます。こんな難敵もいるのであれば、悠長に地下にとどまっては入られません。

ガラコたちが地上への出口を探して歩いていると、いきなり前から声をかけられます。

ダイアルミッド「そろそろここを出るべきだぞ、プラット!プラットだろ?サレヴォクはキープから抜け出すことにしたと聞いた。急いで彼に追いつかなくてはならない!」

どうやら、先ほど倒したアイアンスロウンの兵隊プラットたちの仲間の兵士のようです。しかし、ガラコたちに向かってプラットと呼ぶあたり、プラットとは互いに顔を詳しくは知らない微妙な仲のようです。

先ほどは、ガラコの迷演技ですぐにバレたため、他のメンバーが答えます。相手は一人なので戦闘になっても怖くないため、少し情報を集めるようにしてみます。

カリード

「えーっと…そうだ。プラットだ。俺はなんで地下窟で待っているんだっけ?

(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ ) ‘`,、ワラエナイヨ、大根役者がここにもいたとは。

しかし、相手の兵士ダイアルミッド君はさらに輪をかけて鈍感のようで、こちらの思惑を超えて、ベラベラと答えてくれます。

ダイアルミッド「えっ、サレヴォクは言わなかったのか。ま、そういうこともあるだろうな。キープのモンクたちは、ガラコがアイアンスロウンのリーダーをただ単に殺したと思い込んでいる。ガラコは捕らわれの身になっており、バルダーズ・ゲートに送還されて、裁判を受けるまでにはサレヴォクが街を支配するだろう。そして、お前はサレヴォクの逃走ルートを護衛しなくてもよくなったってことだ。」

確かになったこととして、1つ、サレヴォクはバルダーズ・ゲートを支配したいと考えていること。2つ、ドッペンゲルガーやアイアンスロウンの兵士たちは、ガラコたちへの追っ手だと思っていたのですが、どうやらサレヴォクの逃走経路を確保するための要員だったようです。予定よりスムーズにキープを脱出できたので、不要になったんですね。なるほど。。。

ダイアルミッド君からもう少し情報を引っ張れそうに思うため、もう少しカマをかけてみます。

カリード

「正確にはサレヴォクとはどこで会う予定になっている?」

ダイアルミッド「もちろん、バルダーズ・ゲートにあるアイアンスロウンの建物だ。街のどこかで別の仕事があると言っていたが、そこで待っておけばよいだろう」

やはりバルダーズ・ゲートに行くしかありませんね。

カリード

「よし、では、サレヴォクに会いに行こう。リエルタールのようにやられるのは嫌だからな」

ダイアルミッド「結果はそうなったが、それは計画の一部ではないぞ。サレヴォクは意味のない殺しで自分の手を汚すようなことはしない。ガラコとその仲間がリエルタールを自発的に殺すように仕向けられることになっていたんだ。知っているだろう。ん、お前、プラッドじゃないな!なんてことだ。それではこれで失礼するよ。」

ダイアルミッド君は、最後の最後で、ちょっとした言葉のやり取りの違いに気づいたようで、逃げるように去っていきます。

ガラコたちは追いかけて倒そうとしましたが、逃げ足が早くて逃げられてしまいました、残念。まあ、これだけ情報を正直に教えてくれたので、良しとしましょう。

そして地上へ

ダイアルミッド君が行った方向に進むと、キャンドルキープを囲む壁の外の地上に出ることができました。

ここで第6章が終了し、最終章の第7章に突入です。

ガラコたちにはアイアンスロウンの指導者たちの殺害容疑がかかっているため、フレイミング・フィストに一挙一動を監視されていますが、無罪を証明するためにもバルダーズ・ゲートに行き、サレヴォクを探さないといけません。

今回はここまで。次は、バルダーズ・ゲートに向かいましょう。

では。

スポンサーリンク