Baldur’s Gate EE(バルダーズ・ゲートEE)攻略記(その25)【完】

こんにちは、ゆうじんです。

お待たせしましたバルダーズゲートEEの攻略記その25です。

今回はこの長い攻略記のとうとう完結編になります。長かったような、短かったような、ガラコたちとの旅も今回で終わるとなるととても寂しいですね。。。

前回、サレヴォクの戴冠式に乗り込み、彼が大公になって戦争を引き起こすという計画を潰すことに成功しました。

しかし、残念ながら、戴冠式ではリーア大公がドッペンゲルガーの毒牙にかかり、ベルト大公しか救うことができませんでした。

スポンサーリンク
●主人公ガラコ:人間、ファイターの脳筋好青年。試練の連続だが、優しさを無くさない好青年。なんと、邪神バールの子供の一人。自分の出自を知ったら知ったでより悩みが深くなる。しかも、宿敵サレヴォクが腹違いの兄だったことが判明!
イモエン嬢:人間。ガラコと同じくゴライオンに育てられた妹的幼馴染。メインヒロイン。言葉通りの押しかけ女房。遅咲きだが、念願のシーフ/メイジのデュアルクラスに転職。悩むガラコを支え続けるけなげな娘。
カリード:ハーフエルフ、ファイター。名誉を重んじる良識派で、パーティの精神的支柱。ジャヘイラさんの旦那さん。ジャヘイラとともに善なる秘密結社・ハーパーズの一員。似た者同士で、アジャンティスの無二の親友。
ジャヘイラ:ハーフエルフ、ドルイド姉さん。カリードの奥様。パーティの重要な回復役。ハーパーズという秘密クラブの会員。決して怪しいクラブではないが、釘バットを振るう姿に萌える男性も多いとか多くないとか。
アジャンティス:人間、熱血パラディン。ちまたで増える野盗の狼藉ぶりに公憤を覚え、いざ冒険者の道へ。猪突猛進の危険人物。同じ堅物でも、カリードには冗談が通じるが、こちらには本当に冗談の通じないお堅いお方。カリードとは大の仲良し。
ニーラちゃん:ハーフエルフ、ワイルドメイジのドジっ子魔法使い。典型的なツンデレイモエンがメイジになり、対抗意識が再燃。出自を知ったガラコと、それを支えるイモエンの絆の深さを目の当たりにして傷心中。

戦いに敗れたサレヴォクは体制を立て直すために魔法で逃げ去りましたが、サレヴォクはガラコに「お前が私を殺すか、私がお前を殺すかだ」と言い残して去ります。どちらかが死ぬまで、ガラコは命を狙われつづけるでしょう。ガラコは自分の宿命に立ち向かい、サレヴォクとの決着をつける必要があります。

ベルト大公の力を借り、ガラコたちはサレヴォクの逃走先へ転送してもらいます。今回は、サレヴォクを追い、彼との最後の戦いに臨みます。

では、はじまり〜、はじまり〜。

※なお、文中のキャラクターの発言・行動は、ゲーム内での会話や行動をそのまま使っている以外に、筆者が脳内補完して追加している部分がありますので、ご容赦ください。

※キャラ画像はブリリアントサービスさんの「星宝転生ジュエルセイバー フリーコンテンツ」を利用させていただいています。

タイトル:[ジュエルセイバーFREE] URL:[http://www.jewel-s.jp/]

シーフギルトへ

ガラコたちは、ベルト大公によって、サレヴォクが逃げたシーフギルドへ転送してもらいます。

転送されたシーフギルドで、サレヴォクの行方をギルドの幹部に聞きます。力がはいっており、怒鳴ってしまいます。

ガラコ

「我々はサレヴォク、固く武装した巨体の男を追っている。どこに行った!」

ギルド幹部「(びっくりして)彼はすぐそこの階段を降りて行った。急いでいたな。」

ガラコたちは幹部が指差した階段を駆け下ります。

地下迷宮へ

ガラコたちが階段を降りると、女性が血まみれで倒れています。

ボレータ・スティレット「呪われるがいいわ!誰だか知らないけど、もし私を切り捨てた奴の仲間なら死んでしまえ!」

ジャヘイラ姉さん

「私たちは彼の敵よ。サレヴォクという巨体の男を探しているの。彼はこっちに来た?」

サレヴォクの仲間ではないとわかった女性は、サレヴォクがこの先の道を進んだことを教えてくれます。

ボレータ・スティレット「この先は罠やモンスターが徘徊する迷宮になっている。そして、その先、バルダーズ・ゲートの地下には、古代都市の遺跡があるのよ。あそこには死者以外はいないわ。」

ニーラちゃん

「この町の地下に、古代都市の遺跡があったなんて、、、」

ボレータ・スティレット「彼を追うなら、急ぎなさい。サレヴォクに一撃食らわすことは忘れないでちょうだい」

ジャヘイラ姉さん

「わかったわ。安らかに。」

罠だらけの地下迷宮

ボレータさんには、迷宮には罠やモンスターがいると注意を受けましたが、今のパーティにはシーフがいません。しかし、迷宮を抜けないとサレヴォクの元に辿りつけません。いつも通り、腹をくくって、すべての罠にかかるぐらいのつもりで強引に突破します。

さすがに迷宮と言うだけあって、複雑ではありませんが迷路のような構造になっています。

通路を歩いていると、注意されていた通り、罠が仕掛けられていて、引っかかるとファイアボールが飛んで来たりします。

罠にかかりながら、体力を回復しつつ進んでいきます。毎度、あまり参考にならない邪道な攻略ですね。。。

また、迷宮の中には様々なモンスターがいます。スライム系のグリーンスライムマスタードジェリーがいたり、

鎧に身を固めたドゥームガードたちや、

弓矢を放ってくるスケルトンウォーリアーたち等がいます。

また、珍しくインヴィジブルストーカーもいます。

インヴィジブルストーカーは、その名の通り、姿が見えません。最初びっくりしましたが、落ち着いて、姿が見えた時に全力で攻撃し撃退します。

ちなみに、インヴィジブルストーカーを倒しても姿は見えず、倒れた影だけが残されます。

なぜ姿が見えないのに影があるのかというツッコミは別として、芸が細かいなあと思います。こういう細やかさは大好きですね。

切り捨てられた指導者

迷宮を進むと、道の真ん中に男が倒れています。声をかけると、男がサレヴォクを大公宮殿から転送したウィンスキー・ペロラーテであることがわかります。

ウィンスキー・ペロラーテ「ガラコよ、お前がサレヴォクを追うのもわかる。お前たち二人には同じ血が流れているからな。既にお前はわかっていると思うが、サレヴォクの目的は虐殺だ。大量に失われる命をもって、自分に流れる神の血を目覚めさせようとしているのだ。

ウィンスキーはサレヴォクの指導的な役割を果たして来たらしいのですが、大公宮殿の戦いで、大公たちを殺すように命じされたのに、サレヴォクを逃すことを優先したため、サレヴォクの怒りに触れて、ここで切り捨てられたようです。

うーん、これまでの悪事は別として、かわいそすぎる。。。

ウィンスキー・ペロラーテ「わしはサレヴォクに助言を与え、邪悪な儀式を教えてきた。彼が成功した暁には、新たな殺戮の王を導いたものとして、我が名は後世に伝わっただろう。我々のような凡庸なるものが名をはせるためには仕方なかったのだ。さあ、わしを殺すがいい。」

すでに息絶え絶えのウィンスキーの命を取る必要はありません。

ガラコ

「サレヴォクは私が止める。あなたは生きて、罪を償ってもらう!」

ウィンスキー「お前はサレヴォクとは明らかに別の道を歩んで来たようだな。お前の慈悲の心に感謝する。サレヴォクは地下古代都市にある寺院で待っている。」

彼を残して、サレヴォクの追跡を続けます。

地下の古代都市へ

迷宮を抜けると、そこには古代都市があります。

古代都市に入ると、サレヴォクが待つという禍々しい古代寺院のイラストが流れます。

さあ、寺院を探しましょう。

アイアンスロウンの討伐隊

しばらく前進すると、傭兵のようなパーティに出会います。彼らから声をかけてきます。

ラーヴィン「こんなところで光の世界の住人に会うとは珍しいな。なぜこんなところにいる?サレヴォクと何か関わり合いがあるのか?」

アジャンティス

「サレヴォクは極悪非道なやつだ。我々は彼を倒す!」

ラーヴィン「サレヴォクを憎んでいるんだな。俺はラーヴィン。サレヴォクを殺すために、仲間とともにアイアンスロウンに雇われセンビアからきた。ん、待てよ、お前はガラコじゃないか。そうか、サレヴォクとの最後の戦いに来たわけか。幹部たちも、お前たちを殺せば喜ぶだろう。」

そういうと問答無用で攻撃してきます。サレヴォクの独走とはいえ、アイアンスロウンに不都合な話をガラコたちはたくさん知っているため、口封じというところでしょうか。めちゃくちゃでっせ。。。

しかし、ラーヴィンたち、さすがにサレヴォクを討伐するために雇われただけあって、めちゃくちゃ強いです。

最初から、分身して防御力を高めていたりと、戦闘態勢を取っている上に、強力な全体魔法や攻撃を的確に使って来ます。

ラーヴィンは、全体に大ダメージを食らわすアロー・オブ・デトネーションという矢を発射し、しかも密集していたガラコたちに直撃します。

次に、敵のメイジがレベル5のウィザード呪文クラウドキルを連発して来ました。正直、ガラコたちも危ない状況です。

しかし、たまたまクラウドキルが2箇所で発生している隙間に逃げることができ、そこで敵を押し返します。

そうすると、逆に敵のパーティがクラウドキルの餌食になります。知らない間に、敵側に大ダメージを与えることができ、形勢逆転です。

瀕死の敵を相手に、反転攻勢をかけ、全滅させることができました。運を味方にしました。。。

スポンサーリンク

テンプル・オブ・バール

ラーヴィンたちを倒し、寺院を探します。すると、先ほど出たイラストと全く同じ建物を見つけます。

ガラコ

「この紋章はバールの紋章。バールを祀った寺院だ。この場所が、サレヴォクとの最終決戦の場所になるだろう。逃がすつもりはないし、降伏もしないはずだ。厳しい戦いになることを覚悟しなくては」

イモエン嬢

「ガラコ、サレヴォクとの決着をつけて、キープに帰りましょう。」

ガラコ

「みんなこれまでありがとう。さあ、ラストバトルだ!みんな行くぞ!」

「さあ、行こう!!」

ラストバトル!!

バール寺院に足を踏み入れます。

寺院の中は大広間が一つだけあり、中心にバールのシンボルが描かれています。

さらに広間を進むと、祭壇があり、そこに宿敵サレヴォクが一人で立っており、ガラコが来ると呼びかけて来ます。

サレヴォク「ガラコよ、お前は群れるのが好きだな。一人一人では私に敵対できるはずもないからか。しかしそんなことは結局は意味がないぞ。最終的に私が生き残り、この世界に新しい時代を築き上げることに変わりないわ。」

ガラコ

「サレヴォク、お前は狂っている!死んだ神を呼び覚ましてどうしようというのか!」

サレヴォク「我らの父バールは死んだが、これから私が行う殺戮がいかに私が父の後継者にふさわしいかを物語るだろう。父バールの力を灰の中から蘇らすのだ。私の計画が終わることには、そこら中が血の大海となるだろう。」

ガラコ

「・・・、俺の手で貴様を倒す!!」

サレヴォク「そうだ、弟よ!怒りを放て、そして我らの血脈の戦いを終わらせようではないか。さあ、かかってこい、この新しい殺戮の王に!アンジェロ!タゾク!セマジュ!今すぐ姿を現せ。」

そういうと、サレヴォクの仲間たちが現れ、戦闘開始です。

さすがラストバトルだけあってこれまでの悪役が勢ぞろいです。ナシュケル鉱山などで暗躍していたタゾク、バルダーズゲートでガラコたちを無実の罪に陥れたアンジェロ、強力な魔法使いセマジュ、そして、サレヴォクです。

サレヴォクさえ倒せばクリアですが、これまでの集大成として全員倒すことを目指します。

戦闘開始直後、魔法使いのセマジュが全体魔法スティンキングクラウドを唱えて来ますが、パーティ全体で逃げます。その後、セマジュはディメンジョンドアで、ガラコたちの近くに来ます。まずは、セマジュを全力で攻撃し撃破します。

その後、サレヴォクは恐ろしいほど早いスピードで、こちらに向かって来ます。

しかし、サレヴォクを先に撃破すると、敵のパーティ全員を倒すことにならないため、ほどほどに攻撃しつつ、後ろから付いて来たアンジェロにロックオン。ガラコを含む前衛組で総攻撃し、撃破します。

残るは、タゾク、サレヴォクです。同じ作戦で、タゾクを切り離し、全員で攻撃し撃破。

あとは、サレヴォクだけです。これでいけるかと思った瞬間、周辺の棺の近くにある罠にかかり、敵側にバトルホラーが召喚されます。

しかもバトルホラーの一番近くにいるのは、ニーラちゃん。とにかく逃げて、前衛組がいるところまでバトルホラーを引き寄せます。

サレヴォクの前に、バトルホラーを前衛組で攻撃し、撃破します。バトルホラーは倒されると赤い光の柱を立ち上らせます。

どうやら周辺の棺の近くには罠があり、バトルホラーが召喚されるようです。これ以上、敵を増やすと本当に厳しいので、広間の中心部分で戦います。

残るサレヴォクを、ガラコに倒してもらおうと思いますが、ガラコは瀕死状態です。

まずはジャヘイラ姉さんに回復魔法と、アジャンティスにレイ・オン・ハンズを使ってもらい、体力を回復します。

体力を回復したガラコ、すぐに俊足をいかしてサレヴォクの元へ向かい、サレヴォクとの宿命を断ち切るため一騎打ちに挑みます。

ガラコ

「兄さん、僕ら二人だけで終わらせよう。」

しばらく、サレヴォクとガラコは互いに剣をうちあっていましたが、とうとう最後の時が来ました。ガラコが全力で振りかぶった剣が、サレヴォクを捉えます。

そして、ガラコの剣が袈裟斬りにサレヴォクを斬ります。

そして、ゆっくりサレヴォクは倒れていきます。

バールのシンボルの上に倒れ込むサレヴォク。

しばらくすると、サレヴォクの遺体は黄金の光を放ち、消え去ります。

そして、黄金の光は生き物のように流れていきます。

黄金の光は、寺院の壁の隙間から、さらに寺院の地下に流れ込んでいきます。

地下に流れ込んだ黄金の光は、サレヴォクに似た像に降り注ぎ、像は崩れ去っていきます。

像はどうやら、バールの子たちを模した像のようです。サレヴォクは死んだため、像が崩れたということでしょう。

この寺院の本当の姿はさらに地下にありました。バールの子たちはまだたくさん存在し、像はたくさんあります。

今回、サレヴォクによるバルダーズ・ゲートの危機は去りましたが、まだバールの子たちの闘争は続くということでしょう。

そして、スタッフロールが流れだします。。。

スタッフロールには、ゲームの企画書やデザイン画などが書かれており、ファンには嬉しい限りです。

作成過程のCGなども紹介されています。

エピローグ

※ゲーム本編は上記のエンディングで終わりですが、脳内補完として、ガラコのその後はこんな感じでないかと思います。

サレヴォクを倒し、その遺体が消え去り、ガラコたちはやっと戦いが終わったことを感じます。

ガラコ

「やっと、やっと終わった。しかし、僕もいつか消え去る日が来るのだろうか…。」

イモエン嬢

「ガラコ、君は消えないよ。これからもずっと一緒だよ。」

ガラコ

「ありがとう。さあ、みんな帰ろう、、、」

地上に戻ったガラコたちは、ベルト大公に地下であったことを伝えます。しかし、ガラコ自身にバールの血が流れていることは無用な混乱を招くため、伏せておきました。

しばらく、戦いの傷を癒すため、バルダーズ・ゲートに滞在していたガラコ一行ですが傷も癒え、それぞれの生活に戻っていきます。

まず、アジャンティスは、野盗も退治でき、街道の安全が確保されたので、故郷に戻り、正騎士になるよう鍛錬を続けるようです。

アジャンティス

「ガラコよ、そなたと共に戦えてよかったぞ。そなたの善なる心はかけがえのないものじゃ。また、共に戦おうぞ。」

次に、ニーラちゃんです。ニーラちゃんは先天的なワイルドメイジの子供達が、ワイルドマジックとうまく付き合っていくことができるようにフォローしてあげたいと思っているようです。各地を放浪しながら、そういう子供達を探すようです。

ニーラちゃん

「ガラコ、ありがとう。あなたのおかげで自分のことを好きになれたわ。自分と同じような子供達を助けてあげたいの。また、どこかであったら一緒に旅をしようよ。」

それから、カリードとジャヘイラです。二人はガラコが充分、一人でやっていけることを確信し、ゴライオンとの約束を果たせたことを確信します。

カリード

「ガラコ、君と一緒に戦えてよかった。ゴライオンも誇りに思っているだろう。」

ジャヘイラ姉さん

「ガラコ君、あなたはもう十分一人前よ。これからはあなたが守る側になってあげなさい。大事なものはもうあるでしょ。」

そういうと二人はハーパーたちが集まる拠点に戻るようです。これからもハーパーとしての任務を果たしていくのでしょう。

最後に、ガラコとイモエンです。ガラコとイモエンは、二人の故郷キープに戻ります。

ガラコ

「さあ、イモエン、僕たちの故郷に帰ろう。」

イモエン嬢

「うん。帰ろっか。」

ガラコの血の宿命はこれからも彼を試練に与えるかもしれません。しかし、ガラコもイモエンも二人ならば乗り越えられるような気がしています。

先に歩き始めたガラコの後ろを、イモエンは小走りについていきます。

これからもガラコとイモエンに幸多からんことを。(完)


長かったバルダーズ・ゲートEEの攻略記もこれで終了です。

お付き合いいただいた皆様、駄文にも関わらず、最後までお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

では。

スポンサーリンク