Baldur’s Gate 2 EE(バルダーズ・ゲート2EE)SoA攻略記(その4)

こんにちは、ゆうじんです。

お待たせしましたバルダーズゲート2EEの攻略記その4です。

前回、ガラコたちを捕らえていた魔法使いイレニカスのダンジョンから逃げだそうとしたところ、イレニカスに追いつかれてしまいました。その後、イレニカスに対峙するためにイモエンも魔法を使いましたが、ここはどうやら魔法は許可がないと使ってはいけないらしく、突如現れたウィザードの一団になんとイレニカスもイモエンも逮捕され、連れ去られてしまいました。

強力な魔法使いのイレニカスが大人しく逮捕されたことや、イモエンも一緒に連れていこうと仕向けたような雰囲気もあり、何か企みがあるのかもしれません。

スポンサーリンク
●主人公ガラコ:人間。ファイターの脳筋好青年。試練の連続だが、優しさを無くさない好青年。なんと、邪神バールの子供の一人。
イモエン嬢:人間。ガラコと同じくゴライオンに育てられた妹的幼馴染。魔法を許可なく使用した罪で、イレニカスと共に逮捕され、パーティ離脱中。
ミンスク:人間。典型的な脳筋レンジャー。一緒に旅していたダイナヘールを殺され、復讐を誓う。ハムスターのペット「ブー」を愛する優しい一面も。
ジャヘイラ:ハーフエルフ。夫カリードをイレニカスに殺されたドルイド未亡人。前作ではガラコと旅をした間柄。ハーパーズという善なる秘密結社の一員。
ヨシモ:人間。独特な口調とイントネーションで、強烈なインパクトを醸し出すエセ忍者。胡散臭いけど、憎めない男。

兎に角、イモエンたちを連れ去っていったウィザードたちが何者か、ここが何処かも、現時点では不明なので、まずは情報が必要です。また、唯一のメイジだったイモエンがパーティから離脱したため、イモエンを探索していくにも、新たな仲間も探す必要がありそうです。

今回は、イモエンの行方に関する情報を集めつつ、可能なら仲間を見つけていきたいと思います。

では、はじまり〜、はじまり〜。

※なお、文中のキャラクターの発言・行動は、ゲーム内での会話や行動をそのまま使っている以外に、筆者が脳内補完して追加している部分がありますので、ご容赦ください。

※キャラ画像はブリリアントサービスさんの「星宝転生ジュエルセイバー フリーコンテンツ」を利用させていただいています。

まずは聞き込み開始!

ガラコ一行は近くにいた人たちから聞き込みを開始します。まずは、近くで事件を見ていそうな女性がいたので、話を聞いてみます。高貴そうな服装で、話をしてくれないかと心配しましたが、非常に丁寧に色々教えてくれます。

ベス女侯爵「こんにちは。あなたは私が見た事件に関わりがあるのかしら?」

ガラコ

「事件を見ていたのか? 教えてくれ! ここは何処なのか? あのウィザードたちは何者なのか?」

ベス女侯爵「ここはアスカトラのワキーンズ・プロムナードよ。アスカトラでは許可なく魔法を使うと、カウルド・ウィザードが捕まえるのよ。」

ワオ w(°o°;)w アスカトラって、アムンの首都ですやん。ちなみに、アムンは、前作でサレヴォクがバルダーズ・ゲートと戦争させようとしていた国ですね。

ガラコ

カウルド・ウィザード? イモエンやイレニカスを連れて行った奴らのことか! 何処に連れて行かれたのだろう」

ジャヘイラ

「ガラコ、気をつけなくてはいけないわ。カウルド・ウィザードのことは聞いているわ。最高位のスペルマスターでアムンでは唯一魔法を使うことを許されているはずよ。」

さすがハーパー未亡人なジャヘイラ姉さんは、各地で仕事をしてきたため、各国の情報をよくわかっていますな。

ベス女侯爵「カウルド・ウィザードたちが、あなたの友達を何処へ連れて行ったかは知らないわ。魔法の許可が欲しいなら、多分、ガバメント地区の誰かに働きかけるのでしょう。」

ベス女侯爵が色々答えてくれたので、なんとなくガラコたちは置かれた環境を理解し始めます。グラッチェ、ベス様。

ジャヘイラ

「あの女侯爵が言っていたことは正しいわ。私、この場所を知っている…。ここはアスカトラ。アムンの国内にいるのよ。アスカトラはソードコーストの南端よ。なぜ私たちを眠らせ、こんなところまで連れてきたのかしら。まずは、スラムにでも身を隠した方がいいわ。」

ヨシモ

「姐さんの言う通り、まずは安全な場所に潜んで、計画練るのが良いネ」

ジャヘイラ

「ええ、やはりスラムがいいと思うわ。コパーコロネットには情報が集まってくるし、イモエンの行方を知っている人がいるかもしれない。」

この街を知っているジャヘイラが言うには、スラムの悪徳の店コパーコロネットには雑多だが有用な情報があるかもしれないとのこと。よし、当面そちらを目指していきましょう。

アドベンチャー・マート!

情報を集めつつ、スラムに向かいます。すると道端で大きな声を上げている男がいます。

男「寄ってらっしゃい!こちらアドベンチャー・マート!」

どうやら呼び込みのようです。

店の中に入ると、名前の通り、冒険者の店でした。しかし、品揃えは半端なく多く、冒険者にとって必需品から、これまで見たこともないような風変わりなものまであります。

ライハルド「ライハルド・バーターマンがご用を承ります」

ジャヘイラ

「こんにちわ。順調みたいね!」

ライハルド「これはこれはジャヘイラ殿。…おわかりとは思うが、ハーパーがらみのトラブルはごめんだぞ。あの組織とはとうの昔に縁を切ったはずだぞ。」

( ゚Д゚)ウヒョー さすがスーパーハーパーのジャヘイラ姉さん、顔が広すぎる、、、。

ジャヘイラ

「今日はハーパーの仕事で来たわけじゃないの。心配しなくていいわ。」

ライハルド「ハーパー相手に油断しすぎることはないさ。いや、悪気はないんだ。どうしたんだい。」

ライハルドは、有名な元冒険家で、引退する際にこのお店を開いたようです。彼自身が元冒険家ということだけあって、他の店では見られないような幅広い品揃えや、ライハルド自身がアドバイスしてくれるなど、人気があるお店のようです。

ライハルドにイモエンが魔法使用で逮捕され、探していることを伝えるといくつかアドバイスをしてくれます。

  • カウルド・ウィザードは魔法の未許可使用には厳格に対応する。魔法の使用許可は金で買える。ガバメント地区の行政庁舎のウィザード・コーネイルに相談してはどうか。
  • シャドー・シーフのことはよく知らないが、彼らはドック地区を牛耳っている。話すべき相手はブラッドスキャルプ。噂では彼らは戦争状態にあるようだが、よくわからない。

今はとにかく、スラムに向かいますが、記憶にとどめておきましょう。

姉さん、事件です!

ガラコたちが放り出されたこの地区には、現在、サーカスが来ているようで、そこら中に見世物や、サーカス用の機材が置かれています。サーカスのテントの近くを通りかかると、子供が泣いています。

ジラン「(ぐすん)僕のママはまだ中にいる。あの人たちは、ママは出られないって言うんだ。」

ガラコ

「坊や、何のことを言っているんだ?」

ジラン「ママはショーを見にテントの中に入っていったんだ。でも、何かが起こって、誰も出てこなくなったの。衛兵さんがいるけど、もう誰も中には入れてくれないんだ。ママは中にいるんだ。ママに会いたいよー!」

ガラコ

「君のママを見つけられるか様子を見てこよう。だから、落ち着いて元気を出すんだ」

根っからのお人好しのガラコ君、人助けができる状況ではないのですが、泣いている子供を知らんぷりしておくことはできません。ま、そういうところが、ガラコ君らしいですが、、、。

テントに前には、ジラン少年の言う通り、衛兵が立っており、誰もテントに入れないようです。

何が起こったのかを聞いてみると、ショーが始まってから、何かが起こったらしく、誰一人テントから出てこなくなり、調査に入った者も出てこないらしい。魔法が関係している恐れがあるので、衛兵たちはカウルド・ウィザードが来るのを待っているとのこと。

ガラコ

「本当に誰一人出てこなかったのか?」

衛兵「実は…、動物の調教師が一人、ショーが始まってすぐに出て来たらしいんだ。我々も話を聞きたいのだが、その調教師はまだ見つかっていない。」

ガラコ

「状況はわかった。我々でも多分解決できるだろうから、中に入れてくれないか?」

衛兵「止めはしないが、警告はしたからな。」

そう言うと、衛兵は中に入ることを許してくれます。自分たちの責任にならなければいいと言うスタンスのようです。

ミンスク

「危険なものか!善良な魂に従う剣と、勇気さえあれば、恐ることはない。(ポケットの中のペット、ハムスターのブーを見ながら)そうだろ、ブー」

ヨシモ

「気をつけたほうがいいヨ、ガラコ。この町の衛兵の手に負えないとなったら、中でどうなっているかわかったもんじゃないネ。備えあれば、憂いなしネ」

ガラコも脳筋ですが、ミンスクはさらにそれを上回るので、流石に心配になります。ヨシモは言い方が胡散臭いですが、この人が一番真っ当なことを言っているのかも。。。

調教師フェアガス

サーカスのテントに突入することもできますが、ヨシモのアドバイスに従って、逃げだせたという調教師を探します。

プロムナードの中心、動物たちの檻がある中で、怯えた男を発見します。声をかけると、男は叫び声をあげます。

調教師フェアガス「あああー!おお、おー!びっくりさせないでくれよ。頼むよ(ブルブル)」

ガラコ

「どうしたんだ?」

調教師フェアガス「どうしたかって?私はサーカスのテントにいて時間ぴったりに外へ、出、出たんだ。ああ、ひ、ひどいことだ!」

この男がどうやらテントから唯一逃げ出した調教師のようです。男は未だに狼狽しており、要領を得ないので、落ち着かせてから話を聞きます。

調教師フェアガス「私は虎使いなんだ。先に私のショーをやるはずだったんだが、特別興行が入って、後回しになったんだ。特別興行の演者が誰かは知らないが、虎の準備をしていたら、虎の姿が目の前で変化しはじめんたんだ!テントも消えはじめて、今まで見たこともないようなものが…代わりに現れたんだ。それに、はっきりわからないが、人々も変化しはじめたように見えた。テント全体が、別の何かに置き換わったんだ。私はあわてて出口から逃げた。外に出られたのは私だけで、他の者は二度と戻らなかったんだ。(ブルブル)それが俺が目にした出来事だ、恐ろしい!

フェアガスが正気を失っているのでなければ、イリュージョン系の魔法が使われたのかもしれませんね。いずれにせよ、魔法を使う者がいるのは間違い無いでしょう。心していきましょう。

いざ、テント内部へ!

サーカスのテント前に戻ります。事前に、中に入ったら出られないと言われているので、準備を整えて中に入ります。

テントの中に入ると、驚くほどの広さがあり、建物が現れます。常識的に考えれば、小さなテントに入りきるはずのないサイズの建物なので、やはり何かしら魔法が絡んでいるのでしょう。

気をつけて進みます。

可愛い声のオーガちゃん

現れた建物の中に入ると、オーガがいます。オーガは、ガラコたちの姿を見ると、可愛い女の子の声で話しかけてきます。

オーガ“エアリー”「誰!ああ、誰でもいいから、ここからすぐに逃げて!あいつは…、ここにきた者を皆殺しにしてしまったわ。さあ、逃げて!」

声が可愛いだけじゃなく、名前もあるようでエアリーと女の子の名前がついています。。。

ガラコ

「お前のようなモンスターが、どうしてそんな可愛い声をしている?」

オーガ”エアリー”「わ… 私はモンスターなんかじゃない! エルフなの、羽根のついたエルフ…、エルフだったの…。 ここは幻覚で覆われているの。幻覚を信じてしまえば、それが本当になっちゃうの。私を信じて、何か起こる前に行かなければ、お願いよ!」

調教師の証言からも、イリュージョンの魔法が使われている可能性がありましたね。オーガが言っていることも、あながち本当かもしれません。それにしても、翼のあるエルフって、天使ですやん。。。

ガラコ

「誰が絡んでいるんだ!誰が殺したんだって!」

オーガ”エアリー”「カラーよ!奴がやったのよ。それより、幻覚を信じないで!これ以上、犠牲者を見たくないわ!」

どうやら幻覚魔法を使ったのはカラーという者のようです。ガラコはオーガ”エアリー”の言うことを信じることにします。エアリーに助けたいと話をします。

オーガ”エアリー”「あなたが逃げないって言うなら、私をこの姿にしている鎖から解放することができるかもしれないわ。その鎖を解放するには鍵がいるわ。」

ガラコ

「助けるには、どうすればいいんだ」

オーガ”エアリー”「この部屋の北側に人がいるわ。でも、人に見えても実は人じゃないの。モンスターなの。その人が持っている剣こそが鍵なの。鍵も幻覚で形を変えているの。鍵が手にはいれば、私は元に戻ることができるわ。」

了解です。早速、部屋の北に向かいます。

スポンサーリンク

ジラン少年の母親発見!

部屋の北側に向かう途中、今度は、喋る大蜘蛛と出会います。

スパイダー「お、お願い、傷つけないで!ああ、どうしたらいいの!」

このフロアは人がモンスターに変えられているようですね。

スパイダー「私はハンナです。息子と一緒にサーカスに来たんですが、息子はサーカスのテントには入りませんでした。ああ、私を助けてください!」

ん、ひょっとして、あなたがジラン少年のお母さんじゃないですか?

ガラコ

「どうしてそんな姿になったんだ?」

スパイダー「最初、ノームが舞台に立って魔法のパフォーマンスを行ったの。しかし、それがうまくいかなかったの。彼が失敗したのを見て、みんな笑ったわ。ショーの一部だと思ったのよ。けど、それから全てが変わり始めたの。人々は怪物に変わり、世界も変わったわ。私も気を失って、気がついたらこんな怪物になっていたの。」

なるほど、、、。これは重要な証言ですな。どうやらノームの魔法使いが、失敗を笑われたので逆ギレしてこんなことをしでかしたのではないでしょうか。

ガラコ

「あなたの子供はまだ外にいたよ。助けるから、ここで待っていなさい。」

ガラコがそう言うと、彼女は御礼を言います。

スパイダー「ありがとう。ここで待っているわ。あと、北側にいるのは人間じゃないわ。邪悪な生き物よ。彼らが人間を殺すのを見たの」

オーガ・エアリーが言っていたことと合致します。やはり、北側にいるのは人間じゃなく、邪悪な生物なのでしょう。

鍵を奪取!

ガラコたちは部屋の北側に向かいます。そこには、農民が2人佇んでいます。こちらから話しかけても、喋らずに静かにしています。

邪悪な生き物だとのことですが、もし普通の人間だったら・・・との疑念が払拭できません。ただの人間だったら取り返しがつきません。悩んだ挙句、ヨシモに彼らから剣をスリ取ってもらうことにします。

ヨシモ

「わかったヨ。上手くやるネ。」

威勢良く、引き受けてくれましたが、ピックポケットに失敗します。自信満々だったのに、なんでやねん。

スリ自体は失敗したのですが、こちらの行為に反応して、農民たちは本来のオーガの姿に戻ります。結果オーライ。

そして早速戦闘開始です。

オーガ2体ですが、準備万端なガラコ一行に瞬殺されます。オーガたちの遺体から、オーガの剣を手に入れます。これが幻覚を打ち消してくれる鍵のようです。早速、乙女声のオーガ・エアリーに渡しに戻ります。

有翼エルフ族・エアリーちゃん

乙女声のオーガに、オーガの剣を渡すと、彼女にかけられていた幻覚の魔法が解けます。

エアリー

「て、手が…、肌が…、元に戻った!ありがとう、勇敢な方!さあ、クァイルおじさんを見つけて、カラーの悪事を止めないと!」

おお、うら若い女の子じゃないですか!なるほど、可愛い声のオーガだった理由がわかります。

何やらクァイルおじさんを助けたいとのことですが、ガラコたちはどれがそのおじさんかわかりません。また、この先、幻影の影響がわからないので、少しでも内情を知っている者に手引きしてもらえるなら、それに越したことはありません。ダメ元で、一緒に来ないかと誘ってみます。

エアリー

「私が一緒に?そうね、クァイルおじさんが何をされているかわからないもの!」

おお、仲間になってくれました!! 少なくとも、幻覚がはびこっているダンジョンでは、手引きがあれば助かります。

仲間になったあと、ステータスを確認すると、エアリーちゃんは、クレリック/メイジのローフルグッドのようです。魔法使いなので、後衛を任せましょう。

ちなみに、顔グラは差し替えていますが、元のイラストはこちら。洋ゲーにしては美少女です。可愛い感じですね。

種族は翼のあるエルフ・アヴァリエルとのことなので、差し替え後の顔グラでも、羽のモチーフがついているものを選びました。どれくらい一緒にいてくれるかわかりませんが、とにかく、先を進みましょう。

幻術士カラー発見!

途中、敵の襲来もありましたが、先へと進めると、元凶の魔法使いカラーを発見します。カラーの姿はいかつく強力な感じです。取り巻きにモンスターたちも引き連れています。カラーは、ガラコたちと一緒にいるエアリーに向かって話しかけます。

カラー「ふふふ、いい子だ。侵入者をうまく連れてきてくれたな…」

ガラコたちを動揺させる作戦なのでしょうか、それともエアリーは敵の間者なのでしょうか。

エアリー

「何だって? 私は違う…」

カラー「何が違うのだ。お前は全て私の手の中で踊っているだけなのだよ。わからんのかね。」

どうやら、エアリーちゃん、カラー側のスパイではなく、意図せず、カラーの手のひらで踊らされているようです。カラーは魔法使いだけあって、策士のようですね。

エアリー

「クァイルおじさんに何をした!!」

エアリーちゃんはおじさんのことが心配な様子。すると、カラーの近くにいたスライムがしゃべり始めます。

クァイル「私の可愛いエアリー、お前かい?私は目が見えない。目がないんだ!!」

どうやらクァイルおじさんも、幻覚でモンスターに変えられてしまっているようです。

エアリー

「注意してガラコ!本物のモンスターと、幻覚でモンスターに変えられた人がいるんだ。奴らは襲いかかってくるまでわからないのよ!!」

カラー「さあ、サーカスの時間だぞ。獣どもよ、思う存分に殺しあうがいい!!」

カラーの叫び声を合図に、戦闘開始です

ガラコたちは、襲われるまで、本物のモンスターかどうかわからないので、とにかく中心部にいるカラーを全員で攻撃し、それから襲いかかってくる敵をカウンター攻撃する作戦にします。

しかし、カラーの目の前がガラ空きで、前衛たちが早く近づくことができたので、カラーが魔法を詠唱する間も無く、瞬殺です。あまり、悩むことはありませんでした。

巣立ちのとき

カラーを倒すと、彼の幻覚が解け、周りや人間も元に戻ります。カラーの姿も、強そうなモンスターの姿から、ただのノームに戻ります。

カラー「やめろ!(ゴホゴホ)こんなことが起こるはずはない。私は尊敬してもらいたかっただけなのに…」

ガラコ

「ここで、貴様は何をしたかったんだ!」

カラー「お前は何もわかっちゃいない。私はカラー、イリュージョニストだ。しかし、人間たちに道化師にさせられたのだ。ノームは尊敬されない。私の事を…、私のした事は…、」

そう言うと、カラーは息を引き取ります。彼の苦しみがどの程度だったのかはわかりませんが、彼にとっては、耐えきれないほど自尊心が傷つけられたのは間違いありません。

エアリー

「なんて、かわいそうな男…。笑われても死ぬことなんてないのに。彼の行為は憎んでも、彼自身のことは憎めないわ…」

ジャヘイラ

「ノームは死んだわ。彼がどうやってあれほどの幻覚を見せることができたのかは謎が残るけどね。」

そうしていると、エアリーが探していたクァイルおじさんの姿を見つけます。クァイルおじさんはノームです。

エアリー

「クァイルおじさん!よかった、無事だったのね!」

クァイル「彼に憎まれていたので、いたぶられていたが、すんなり殺されずにすんだよ。」

エアリーとクァイルはしばらく抱きしめあっています。そして、クァイルはエアリーに向かって優しく語りかけます。

クァイル「わしのためにお前をいつまでもここに引き止めることはできない。そう…、お前は見つけなくてはならないんだ。わしに教えられることは全て教えた。今がその時だ、エアリー…。残りを自分で学ぶ時だよ。さあ、行きなさい…、祝福しよう、わたしの… わたしの娘よ… 」

今回の事件をきっかけに、エアリーに独り立ちする時期が来たと悟ったクァイルは、エアリーにガラコたちにそのままついていく事を勧めます。

エアリー

「寂しくなるよ、クァイル。…でも、わかったわ。」

エアリーは泣きたくなる気持ちを抑えて、クァイルの気持ちに応えることにします。ガラコたち側の事情は全く聞かれることもなく、そのまま仲間になってくれるようです。。。ま、仲間が増えるのは願ったりなので、よかったです。これでパーティメンバーが一人増えましたね。やったー!

ちなみに、クァイルは前作にも登場したキャラクターです。前作でのグラフィックは以下の通りです。

前作の攻略記では、一緒に旅はしませんでしたが、彼のエアリーに対する優しさを見ていると、彼も大変な困難をくぐり抜けて来たようです。バルダーズ・ゲートシリーズは、間違いなく、神ゲーですが、それぞれのキャラクターに人生を感じるサーガだと思いますね。

母を少年の元へ

元に戻ったテントの中を少し探すと、ジラン少年のお母さんハンナを見つけます。

ハンナ「前と同じように、私には足も手もあるわ! どうもありがとう! 私がやるべきは、ジラン! ママが行くからね!」

そういうと、彼女は急いでテントから出て行きました。ガラコたちもテント内でやることはないので、しばらくしてから、出口からでます。テントをでると、ジラン少年がガラコたちが出てくるのを待っていました。

ジラン「ママを助けてありがとう。パパも大喜びするよ!」

わざわざ御礼を言うために待っているなんて、いい子じゃないですか。お母さんが彼の元に戻ってよかったと思います。

さあ、今回はここまで。

次回は、スラム地区で、イモエンを助けるための情報を集めることにしましょう。

以上

スポンサーリンク