Baldur’s Gate 2 EE(バルダーズ・ゲート2EE)SoA攻略記(その20)

こんにちは、ゆうじんです。

お待たせしましたバルダーズゲート2EEの攻略記その20です。

前回、スペルホールドに囚われていた狂ったメイジたちの力を借りて、ガラコはイレニカスを撃退しますがもう一歩というところで、イレニカスを取り逃してしまいます。

どうやら、イレニカスたちはエルフの町サルダネッセラーに向かうため、地下世界アンダーダークに逃げ込んだようです。

スポンサーリンク
●主人公ガラコ:人間。邪神バールの子の一人。イレニカスに魂の一部を奪われてしまう。バールの獣性の化身スレイヤーに変身可能。デアルニス・キープの新領主でもある。
ミンスク:人間。新たにエアリーをウィッチにむかえた脳筋レンジャー直球な性格だが、ハムスターのペット「ブー」を愛する優しい一面も。きんに君&あばれる君。
ジャヘイラ:ハーフエルフ。夫カリードをイレニカスに殺されたハーパーズのドルイド未亡人。夫の死を懸命に耐える反動で、泣き言を言い続けるエアリーと大喧嘩をしてしまう。
イモエン:人間、女。ガラコとともに育った幼馴染。しかし実は、ガラコと同じくバールの子。つまり異母妹。イレニカスに魂の一部を奪われるが、ガラコを支え続けるけなげな娘。
エアリー:有翼エルフのメイジ/クレリック。奴隷生活で翼を切断されるも、汚れのない無垢な女の子。奴隷生活がたまにフラッシュバックし、感情の起伏が極めて激しい時がある。
ナリア:人間。デアルニス家現当主のシーフ/メイジ。世間知らずのお嬢様だったが、領地がモンスターに襲われ、父も殺される。苦難を経験し、大人に成長しつつある。

ガラコとイモエンは、イレニカスとボーディに魂の一部を奪われ、このままでは弱って死んでしまいます。彼らを追いかけ、魂を取り戻す必要があります。また、イレニカスはヨシモを強制の魔法で手下として使い、ガラコと殺し合うようにさせました。ヨシモの恨みもはらさねばなりません。

ガラコたちはイレニカスたちを追うため、プリンローから船で出航します。もうすぐ目的地に着くかという時に、船はサハギンに襲われ、ガラコともども沈んでしまいます。

今回は、船とともに沈んだところから再開です。沈没から生き残り、早くイレニカスたちの追跡に向かいましょう。

では、はじまり〜、はじまり〜。

※なお、文中のキャラクターの発言・行動は、ゲーム内での会話や行動をそのまま使っている以外に、筆者が脳内補完して追加している部分がありますので、ご容赦ください。

※キャラ画像はブリリアントサービスさんの「星宝転生ジュエルセイバー フリーコンテンツ」を利用させていただいています。

サハギンの水中都市へ!

船が沈没し、海に投げ出されたガラコたちですが、気がつくと、サハギン(半魚人)たちに囲まれています。状況が把握できませんが、サハギンの大女司祭セニティーリにこれまでの経緯を教えてもらいます。

大女司祭セニティーリ「沈没という悲惨な経験で驚いているだろうが、気をしっかり持つが良い。ここは深海の空洞に作られた我々の街シティ・オブ・カヴァーンだ。ここから出るには更に地下のアンダーダークへ向かうしかない。」

!?(゚〇゚;)マ、マジ… まあ、アンダーダークならイレニカスたちが逃げた方向なのですが。それなら最初からマジックポータルで向かえばよかったかも。。。今嘆いても仕方ありません。ガラコたちが驚いていると、更に女司祭は続けます。

大女司祭セニティーリ「この街を去る前にやることがある。我々の王、イクシルセトカル王がお主を呼んでおられる。実は、我々の神セコラからお告げがあったのじゃ。この都市が滅びる前に、地上の者がやってきて、我々を助けると。」

女司祭の周りの衛兵たちは、ガラコを早く王の元へ連れた行きたいようで、急かします。この水中都市から出るにしても、サハギンたちと敵対的になるのは避けた方が良いと思いますが、ガラコたちはイレニカスを追うという目的があります。

ガラコ

「我々にはやるべきことがあるんだ。王には会うが、引き受けるかどうかはわからないぞ。」

そして、ガラコたちは王のところへ案内されます。

狂王イクシルセトカル

王と側近たちの前にガラコたちは連れていかれます。

イクシルセトカル王「これが…(ヒヒヒ!)こいつらが地上からきた妙な生き物か?(ヒヒヒ!)これがセコラ神が我々に約束した者だと…」

王は話し方や身振りも狂気じみており、正気には思えません。また、側近たちはガラコたち、人間ごときがこの街を救うということが信じられないようです。

イクシルセトカル王「(ヒヒヒ!)お前はどう思うかね、人間。神の預言が告げているのは自分だと思うか?(ヒヒヒ!)」

ガラコ

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。しかし、もし俺たちが力になれるなら、協力しよう。」

必死にガラコを救い主だと主張する女司祭セニティーリの様子を見て、いつも通り、力になれるならなろうと決めるガラコ君でした。

決闘で白黒つけようぜ!

側近と司祭の主張が互いに相反するため、王は決闘で決めるように命じます。ガラコもそれに従います。決闘場に連れられていくと、相手はなんと双頭の巨人です。

その巨体と異様な姿に圧倒されますが、装備は毛皮と薄着のようで意外に打たれ弱いです。ガラコたち前衛組の強打に体力が削られ、あっという間に倒れてしまいます。

王はその結果を見て、ガラコたちの強さを賞賛し、神からの使いであると認めます。

王からの依頼

そして、ガラコは、王から「数年前に放逐した反逆者のリーダー・ヴィリナティ王子を殺して、その心臓を持ち帰ってきてくれ」と頼まれます。

王は、褒美に与える魔法の道具たちがあれば、アンダーダークに行くことができるだろうと言います。

反逆者を倒すことが、サハギンの街を助けることになるのかわかりませんが、一応引き受けることとします。

しかし、女司祭セニティーリはまだ説明したいことがあるようで、後で神殿に来るようにガラコに言います。

王と王子、どっちが正義だ?

王との謁見が終わった後、すぐさま女司祭セニティーリの元へ向かいます。

女司祭セニティーリは「サハギンは個体数が減少してしまい、血が濃くなりすぎている。王は近親交配のせいで狂ってきている。このままでは種族としての寿命が尽きるのも時間の問題だ。ヴィリナティ王子をはじめ追放者たちを取り込むことで、この街は破滅の危機から逃れられる」と説明します。

確かに、女司祭セニティーリの説明の方が腹に落ちます。ガラコは、司祭の説明を受け、とにかく、一度王子の元へ向かうことを約束します。女司祭セニティーリは、王子の元への道を教え、反逆者たちに襲われないためのオーブを渡してくれます。

バスガス爆発

反逆者の王子は、街の外に追放されています。そのため、街の外に出るための鍵を手に入れるなどのイベントがありましたが、無事に鍵を手に入れ、外に出るため向かいます。

王子の元へ向かう途中、反逆者のサハギンたちが多数おり、ガラコたちに襲いかかってきます。

( ゚д゚)ハッ! サハギンって個体数少ないんじゃなかったっけ?と思いますが、襲って来るものは仕方ありません。叩き潰します。

反逆者のサハギンたちは一度倒しても、王子の元へと続く道の途中に何波にも渡って出現してきます。正直、駆除がめんどくさいです。普段あまり、クラウド系の呪文は使わないのですが、敵の団体を一網打尽にできるので、ナリアが覚えている呪文クラウドキル(殺戮の雲)を使ってみます。

黄色の毒雲で瞬殺です。ナリア、オソロシス。その後もナリアの活躍でトントン拍子で進んでいきます。

スポンサーリンク

王子との話し合い

街の外へ出ると、反逆サハギンの隊長がいますが、女司祭セニティーリからもらったオーブをみて、ヴィリナティ王子の元へ連れて行ってくれます。

ガラコたちは、ヴィリナティ王子に謁見します。

ヴィリナティ王子とその側近たちは、「王は狂っている。我々の血を取り込むことでまだサハギンの街は助かる。そのために、王子が王座を奪うしかない」と主張します。

確かに、王子は、血液が濃い影響は出ていないようで、明晰で話している意味もよくわかります。

ジャヘイラ

「あなたの言っていることはわかるわ。でも、そうすると王たちを虐殺せざるを得なくなるわ。あなたは王と平和的に解決しようとしたことはあるの?」

さすがジャヘイラ、隙がありません。主旨はわかるが、虐殺という選択肢を取る前に、平和的な解決を模索したかと尋ねます。ヴィリナティ王子は「もちろんしたが、王には理屈は通らない。お前たちも王に会ったのならわかるだろう。もう気が狂ってしまっているんだ。平和的解決になることなど一切あり得ない」と言い放ちます。

王の様子とこれまでの話を総合的に判断し、サハギン全体が救われるのであればと、ガラコは王子側につこうと決めます。

王子は、「王に、王子の心臓の偽物を作り、それを王子を殺した証拠として王に渡せば油断する。その時に、王子たちが街を取り戻す」と計画を伝えてきます。

わかりました。その偽の心臓を、王子のものとして、イクシルセトカル王に渡しに行きましょう。

王とその側近たち

ガラコたちは王の元へ戻ります。そして、王子から渡された偽の心臓を王に渡します。

イクシルセトカル王「人間よ、よくぞ戻ってきた。反逆者の体液の臭いがするぞ。心臓を持ってきたか!」

王が油断したその瞬間、警報が鳴り響きます。王子たち反逆者たちが街の中へ入り込み、攻撃を開始した合図です。

イクシルセトカル王「何!? お前… 私を裏切ったのか、人間よ!?そんなはずはない! お、おのれ、殺せ!こいつら全員の首を皿の上にのせてこい!」

王とその側近はガラコたちの裏切りに気づき攻撃してきます。ガラコたちも全力で迎え撃ちます。ここでもナリアの呪文クラウドキルを唱えますが、混戦だったため、前衛組も毒雲に巻き込まれます。

あぶねぇと雲の外に退避し、雲から逃れようとして来る敵を、遠距離から攻撃できる魔法マジックミサイルや、弓矢などで攻撃します。

そして無事に王と側近を全滅させることに成功します。

クーデター成功!

王たちとの戦いが終わると、ヴィリナティ王子が現れ、新たな王となることを宣言します。

ヴィリナティ王子「狂った暴君は死んだ。今や、私がここの王だ!」

そして王子はガラコたちの働きに感謝し褒美を与えるとともに、アンダーダークへの降り方も教えてくれます。

ヴィリナティ王子「人間よ、褒美として、王の持ち物や、宝物庫の宝を好きに持って行くが良い。そして、アンダーダークに行きたいのなら、王が持っていた魔法のロープがいるぞ。これを使って、我々がいた場所の後ろにある穴を降りていけば良い。」

ガラコたちは褒美としていくつかの宝を手に入れます。そして、アンダーダークへ降りるための「魔法のロープ」も手に入れます。

闇へ降りゆく

クーデターのあった玉座周辺から、王子たちが追放されていた場所へ移動します。

王子たちがいた場所の後ろに確かに大きな穴が開いています。アンダーダークへつながる穴です。その穴に、魔法のロープをおろし、それを使って下へと降りていきます。

イレニカスとボーディの現在

ここで自動に画面が切り替わり、イレニカスとボーディの現在の状況が映し出され、オートイベントが流れます。

イレニカスとボーディは、ドロウ(ダークエルフ)たちと一緒にいます。ドロウといるということは、場所はアンダーダークのどこかでしょう。ドロウの一人がリーダーのようで、マトロン・マザーと呼ばれています。どうやら、イレニカスとも友好関係を結んでいるようです。

そして、マトロン・マザー、イレニカスたちの前に、地上からの捕虜が2名連れてこられます。捕虜の1人はイレニカスを知っているようで、「ジョネルス、この怪物どもと何をしているんですか!あなたは…」と言いかけます。

イレニカスは一瞬にして表情を変え、魔法で捕虜2人を塵に変えてしまいます。

捕虜が何か不都合なことを言ったのでしょうか? ジョネルス?イレニカスは自らを「ジョン・イレニカス」と名乗っていました。ジョンとジョネルスが似ているといえば似ています。何か関連があるのでしょうか?本名だったりして…、ま、今は推測の域を出ないですね。追加の情報を待ちましょう。ここでオートイベントは終了です。

アンダーダーク到着!

イレニカスたちの様子が映されるのが終わると、次はガラコたちの番です。ガラコたちが水中都市から地下世界アンダーダークに着いたところで第4章が終わり、第5章がスタートします。

また、地底世界の様子がムービーで流されます。邪悪さを感じる場所であります。

さて、今回はここまで。

アンダーダークに、イレニカスもボーディもいるはずです。次回はイレニカスたちの追跡を再開し、魂の一部を取り返すように頑張りましょう。

では。

スポンサーリンク