Stardew Valley(スターデューバレー)攻略記(その17)トリ小屋完成、オサムが来た!

こんにちは、ゆうじんです。

お待たせしましたStardew Valley(スターデューバレー)攻略記その17です。

前回、マーニーさんの牧場に家畜を飼うための道具を買いに行ったゆうじん。なんと、マーニーの寝室で、ルイス町長から頼まれていた無くしたパンツを見つけます。

スポンサーリンク
●主人公ゆうじん:都会のギスギスした生活に嫌気がさして脱サラ。祖父が遺した“前向き牧場”に移り住む。森の精霊ジュニモの力を借りて、町の発展を目指す。ペニーちゃんが大好き。
他の主な登場人物(クリックすると開閉します)
アビゲイル:キャロラインの娘。色白、紫色の髪。パンクっぽい服装だが自然も好きそうだ。タマゴに目が無い。趣味は夜中の墓参り。
アレックス:アメフトのボールをいつも持っているスポーツ青年。エブリンとジョージと一緒に住んでいる。
ウィリー:ゆうじんに釣り竿をくれた釣具屋の店主。服装はボロっちいがあんたええ人や。
ヴィンセント:ジャスとともにペニーに勉強を教えてもらっている元気な男の子。お父さんがもうすぐ帰って来るらしい。
エブリン:引越しの挨拶をしたら「良ければ“おばあちゃん”って呼んでね」と言ってくれた優しいおばあちゃん。
エミリー:町唯一の食事処件酒場のスタードロップサルーンの看板娘。妹のヘイリーと同居。夢のお告げを信じる信心深いお方。そして、裁縫好き。
エリオット:浜辺にある小屋に住んでいるロン毛。小屋は暗くてクモがいっぱいとのこと。
ガス:町唯一の食事処&酒場スタードロップのシェフ兼オーナー。顔がデカイが、心はもっと広い優しいダンディ。女なら惚れてたぜ。
キャロライン:町で夫婦で雑貨店を経営している。アビゲイルのお母さん。
ギュンター:ペリカンタウンの博物館兼図書館で働いている“教授”。お宝を探せと強要する態度が気に食わん。
ギル:マーロンの冒険者ギルドでくつろぐ元冒険者?狸寝入りの名人。
クッキー:前向き牧場のまえで拾われ、ゆうじんと一緒に暮らすこととなった犬。茶色い毛並みが名前にピッタリ!
クリント町の鍛冶屋さん。牧場生活に必要な道具をグレードアップしてくれるとのこと。ひょっとしてエミリーが好きなの?
サム:ヴィンセントのお兄ちゃん。自宅でよくギターの練習をしている。髪型がサ○ヤ人。ペニーちゃんとフラワーダンスを踊りやがった、プンプン。でもいい奴。
シェーン:声をかけても「あんたと話す時間はない」などとそっけない。このヒゲモグラめ!Jojaマートで働いている。
ジャス:ヴィンセントとともにペニーちゃんに勉強を教えてもらっている。よくヴィンセントと遊んでいる。
森の精霊ジュニモ:町の荒れた公民館に住みつく謎の精霊。
ジョージエブリンおばあちゃんの旦那さん。車椅子で生活しており、その不便な生活もあり、頑なになっている。
ジョディキャロラインの友達。井戸端会議中に挨拶をしたが、新しい牧場主に期待している。夫はどこかに出かけており、一人で家庭を守っている模様。
セバスチャン:見た通りなかなかなイケメン。サヤエンドウで気晴らしをする特技の持ち主。
ディメトリウス:地元の動植物の研究をしている科学者。娘はマル。どうやら奥さんはロビン。
ハーヴィー:ゆうじんがペリカンタウンで会った初めての町民。町で医師をしている。
はっとまうす:南の廃屋で帽子を売るネズミ型生物。人語を操る。でも、かわいいは正義。
パム:よく酒場で飲んだくれているおばちゃん。ペニーちゃんのお母さんで元バスの運転手。安いのでJojaマートをよく利用。
ピエール町で雑貨屋を経営している。キャロラインの夫。雑貨屋がJojaマートの標的にされ、生活を脅かされる。生活のためか、イベントでは必ず屋台をだす。
ヘイリー都会に憧れるオシャレな女性。しかし、野草に無邪気に喜ぶ一面も。エミリーと姉妹で同居。フラワークイーン5連覇中、今年の結果は?
ペニー:ヴィンセントとジャスに勉強を教えている。子供にもお年寄りにも優しい娘。読書が好き。なんとあのパムの娘!
マーニー:自分の牧場を持っており、動物や飼育用品を売ってくれる。姪のジャスと、甥のショーンと一緒に暮らすが独身。町長と超仲がいい。
マーロン廃坑近くで冒険者ギルドをひらく男。隻眼といい、名前の語呂といい、FF10のアー○ンに見えてしまうとかしないとか。
魔術師ラズモディアス:石の塔に住むモノホンの魔術師。森の精霊ジュニモと意思疎通できるように、ゆうじんに危ない青汁を飲ませる怖い人。
マル:新しい住人がきて町に新しい風が吹くのではと期待している。父ディメトリウスの研究の手伝いをしている。
モーリスJojaマートの社員。わざわざピエールの雑貨屋の中で割引チケットを配って顧客を奪う。悪の手先!!
ライナス:町の北でテント生活を営む自然人。どうやら社会生活に向いていない性格のようだ。
リア:ロビンと間違えて声をかけたが、こちらはリアさん。髪型が似てるよなあ。自宅で創作する彫刻家のようだ。
ルイス町長:ゆうじんが引っ越したペリカンタウンの町長。祖父の古い知り合い。かつては町の誇りだった公民館の維持or売却に悩む。幸運のむららきパンツの持ち主。
ロビン町の女大工。斧をなくすおっちょこちょいさん。ディメトリウスさんと夫婦のようだ。マルとセバスチャンのお母さん。

まさかの展開に驚くゆうじんですが、お世話になっている町長とマーニーの恋路がうまくいくことをこっそり応援しています。そして、ペリカンタウンで過ごす初めての夏に戸惑いながらも、牧畜施設の完成を心待ちにしています。

今回も、ペリカンタウンの発展を目指すのと、大好きなペニーちゃんに好かれるよう頑張っていきましょう。

では、はじまり〜、はじまり〜。

祝・トリ小屋完成!!

さあ、今日も目が覚めてすぐに小屋を出ると、ロビンさんに頼んでいたトリ小屋が完成しています。

完成したトリ小屋の中に入ると素晴らしい出来栄えです。ロビンさん、いい仕事してますね!

こりゃ、作物への水やりが終わったら、すぐにマーニーさんからニワトリを買いにいきましょう。

パムの本音…

前向き牧場から南下すれば、すぐにマーニーさんの牧場へ行けますが、住民との交流も大事なので、町を経由して行くことにします。誰かいないかなと探しますが、通りには誰もいなかったので、ペニーちゃんの自宅へ向かいます。

中に入ると、ペニーちゃんのママのパムがいます。これまでペニーちゃんと仲良くなろうと、頻繁にトレーラーハウスを訪問した結果、自ずとパムとの接点も増えて実は彼女とも仲良くなってきています。酒臭いのは辟易しますが、気さくに話し合う仲になっています。ゆうじんがパムを見ると、今日は何やらしんみりしています。

ゆうじん

「やあ、パムさん。今日はペニーちゃんはいないんだね。なんか、元気なさそうだけど?」

パム

「ああ、あんたかい。なんだろうねえ。いつも気づいたら酒場にいるような感じがするのよ。家に近すぎるからかもね。ほんと健康によくないわ。」

どうやら今の生活がいいとは本人も思っていないようです。家が近すぎるからというのは言い訳だと思いますが、生活を変えたいと思っているなら、力になってあげたいと思います。

アーティストの苦悩

さて、町の中での交流もひと段落ついたので、牧場へ向かいましょう。

そういえば、マーニーさんの牧場の向かいには、リアさんが住んでいる小屋があります。リアさんとはそれほど親しくなかったので、これまで一度も中に入れてもらったことはありませんが、最近少し仲良くなって来たので、一応、そこも訪問しておきましょう。

コンコンとノックするとなんと中に入れて、オートイベントが発生します。一生懸命にのみを振るって彫刻をしているリア。そこにゆうじんが訪問します。

リア

「やあ、ゆうじんじゃない!入って入って。」

どうやらリアさんは彫刻家のようです。ゆうじんはリアさんにすすめられて、小屋の中で彼女が彫刻を彫るのを間近で見せてもらいます。

リア

「今はこの彫刻を彫ってたんだ。こっちへ来て、近くでみていきなよ。

そして、リアさんは彫刻の素晴らしさをゆうじんに説明してくれます。

リア

「わかる?木の中の本当の姿を削り出してるんだよ。一旦、外側を剥ぎ取れば、内側から本来の姿が見えてくるんだ…」

そして選択肢が表示されます。「人間と同じだね」or「削るより、加工していないままの木が好きだな」or「ねぇ、キスしていい?」とのこと。いくらなんでも初めて小屋に入れてもらって、否定的なことを言うのは失礼でしょう。

ゆうじん

「まるで、人間と同じだね。」

すると、リアさんは一瞬「なに?」と怪訝な表情を浮かべますが、すぐに彫刻のことを言っているのだと理解して同意してくれます。

リア

「ああ!うん、その通りよ!」

少し打ち解けたリアさんは「幼い時に旅行でこの谷にきて、創造力をかきたてるこの谷でいつか暮らしたいと思った」と教えてくれます。そして、さらにリアさんは最近の悩み事を打ち明けてくれます。

リア

「認めたくはないんだけど…アーティストをして食べて行くって簡単じゃないんだよね。」

(*´・ω・)a ウーン、現実は厳しいですね。なんとかできないかと考えていると、ゆうじんの頭にあるアイデアが浮かび、選択肢が現れます。

ゆうじん

「じゃあ、町で作品の展示をしたみたら?」

すると、リアさんは少し興味を持ってくれます。

リア

「ふーん…面白そうだね。うまくいけば、ペリカンタウンをアートの発信地にできるかもしれない…」

ペリカンタウンをアートの発信地に!?町の復興にとっても、とてもいいアイデアだと思いますが、リアさんは少し不安があるようです。

リア

「でも、私の彫刻を誰も気に入ってくれなかったどうしよう?そしたら、私、打ちのめされそう。」

しかし、よい刺激を受けたリアさんは感謝してくれます。

リア

…でも、考えて見ないとね。うちに寄ってくれてありがとう、ゆうじん」

そして、画面が徐々に暗転し、イベントは終了します。いえいえ、こちらこそです。町の復興に向けて、いろんな方策があるのはいいことだと思います。アートなペリカンタウンも本当に見てみたいですね。

スポンサーリンク

ニワトリが来た!

ゆうじんは、リアさんの工房を出て、マーニーさんの牧場へ行きます。

ゆうじん

「こんにちは、マーニーさん。ニワトリを飼いたいんだ。」

マーニー

「あら、ゆうじん、こんにちは!家畜を飼うのね。動物は可愛いわよ。」

ニワトリは1羽800ゴールド。たくさん飼いたいですが、残念ながら今回は1羽しか買えません。でも、1羽でもワクワクしながら購入します。

ニワトリを購入すると、ニワトリを入れる小屋を選択します。うちにはトリ小屋は1つしかないので迷うことはありません。

そして、そして、なんとニワトリにも名前をつけることができるようです。自由に名前を決めることも、サイコロボタンを使ってランダムに命名することもできます。ここは運に任せてランダムで名前をつけることにします。えいとボタンを押すと「オサム」。。。

サムって、雄鶏やないかい!?ほんまに卵産むんかいと一瞬、躊躇しますが、これも運命でしょう。名前はオサムのままにしておきます。

マーニー

「毎度どうも!オサムはすぐに新しいおうちに送っておくね。」

そういって、マーニーさんはすぐにニワトリを牧場へ送ってくれます。ワクワクが止まらないので、すぐに牧場へ戻るようにしましょう。待ってろよー、オサムちゃん〜。

手探りでの飼育…

さっさと前向き牧場へ戻って、トリ小屋の前に到着します。オサムはどこじゃ?

小屋の中に入るといました。成長したニワトリかと思っていましたが、可愛いヒヨコです。激萌えです。

ゆうじん

「オサムや、元気に育ってくれヨ〜!」

知らない間に、時間も過ぎていたので、今日は早めに休んで翌朝から世話をしてみます。

オサムちゃん、お腹いっぱいなの?

翌朝になって、作物への水やりを終えたら、再びトリ小屋に行きます。

トリ小屋の中をいろいろ触っていると、ホッパーからサイロに蓄えた干し草を取ることができます。これをニワトリに与えれば食べるのではと思い、直接、干し草をオサムに与えようとしますが食べません。

餌を食べないのですが、オサムはハートマークが出て機嫌は良さそうです!?さらにオサムを右クリックすると、オサムのステータスが表示されます。ふむふむ、「年齢1か月(赤ん坊)、オサムはとっても幸せそう!」とのこと。

うーん、餌を食べてなくてもご機嫌ということは、お腹が一杯だから食べないというでしょうか?

ゆうじん

「あら、オサムちゃん。お腹いっぱいなの?じゃあ、また後で食べましょう。」

妙にオネエ声になるゆうじんですが、はじめての動物の飼育なので手探りですorz

町の復興がパムも救う

さてさて、オサムちゃんの世話も足りているようなので、町に繰り出します。すると、愛しのペニーちゃんが歩いています。

ゆうじん

「やあ、ペニーちゃん。昨日、パムさんと会ったよ〜

すると、ペニーちゃんはパムについて少し話をしてくれます。

ペニー

「母さんはカリコ砂漠行きのバスを運転していたわ…でもバスは数年前から休止したの。町長さんは町の財源が十分足りていたら直していたと言っているわ。」

なるほど、財源がなくてやむなく町営バスを廃止したんですね。町の財源が戻れば、バスも再開されるのでしょうか。パムも今のままじゃいけないと言ってたので、ぜひバスが再開するように町の復興を目指していきましょう。

地震の影響がこんなところに!!

さて、2羽目、3羽目とニワトリを増やすためにお金を貯めないといけません。貧乏は嫌いだ〜。仕方ないので、自然の恵みを採取しに山へ出かけます。

ベリーなどを取りつつ、山を歩いていると、なんと崖だったところが崩れて階段ができています。行き先は「線路」とのこと。ひょっとして地震で崩れたの?(地震については前回の攻略記その16を参照ください)

気になるので階段を登って先に進んでみます。すると、そこは少し開けており、そこには線路と駅があります。

ゆうじん

「え、なにこれ?駅があるけど、誰もいないぞ??」

そもそもこの線路は使われているのでしょうか?しばらく待っていてもなにも起こらないようなので、また後で来るようにしましょう。他にも何かないかと探索すると、これまたなんと温泉施設を発見します。。。

ゆうじん

「え、これもなに?元々、町にあった施設なの???」

ひょっとすると、町営バスと同じく、これらの施設も町営だったけど使われなくなっていたのかもしれません。これまで住民や町長との会話で話題にすら出てこなかったので、あくまで推測ですが、そのように思わないと逆に怖いです。。。温泉施設の中に入ってみると、若干ボロくなっていますが非常に立派な施設です。

これらの施設も町の復興の中で活用できるかもしれません。覚えておくようにしましょう。

町長にゾッコン!

さあ、駅や温泉施設を後にして、山の恵みの採取を再開します。一生懸命採取に勤しみ、夜になります。気晴らしにガスさんのお店に寄ってから帰りましょう。

店に入ると、お客さんがたくさんおり、すごい繁盛しています。右側では、ロビンとディメトリウスの夫妻がダンスを踊っており、左側ではルイス町長とマーニーさんが談笑しています。

ニワトリの飼育方法を教えてもらおうとマーニーさんに声をかけてみますが、「マーニーはあなたがいることに気づいていないようだ」とメッセージがでます。

ルイス町長とマーニーさんとの関係をほのかに知っていましたが、やはりマーニーさんは町長にゾッコンのようですね。お幸せに。。。

さて、今回はここまで。今日は遅いので牧場に帰って休みましょう。採取でお金が少しは貯まると思うので、明日はオサムの相棒のニワトリを買いにいきましょう。

次回もペリカンタウンの発展と、ペニーちゃんとの恋愛?にハッスルハッスル。

では。

スポンサーリンク