Starbound(スターバウンド)攻略記(その5)巨大ボス!エルキウスの怪異

こんにちは、ゆうじんです。

お待たせしましたStarbound(スターバウンド)攻略記(その5)です。

前回、古代のゲートを通り、謎の通信を送ってきた人物に会いに行ったエヴァ。そこで、通信を送った元護民官のリーダーのエスター・ブライトと出会いました。彼女によると、地球を襲った破壊は古代から封じられていた“破滅のもと”が復活しようとしているからであり、崩れつつある封印を解き、“破滅のもと”を倒すには、6つの種族に託されたアーティファクトが必要だと言います。

スポンサーリンク
●主人公エヴァ卒業したばかりの新人護民官。おっちょこちょいだが、明るく前向きな性格。前護民官リーダーのエスターと出会い、“破滅のもと”を倒すため、アーティファクトを探すことに協力する。
他の主な登場人物(クリックすると開きます、ネタバレあり)
セイル(S.A.I.L.)エヴァをサポートする艦載AI。正式名称はShip-based Artificial Intelligence Latticeとのこと。エヴァは長くて読めないので、略してセイルと呼んでいる。
レダ・ポーティア護民官たちのリーダー。エヴァたちの卒業式で代表として挨拶していたが、謎の襲撃を受け、その後の生死は不明。
エスター・ブライト元護民官たちのリーダー。長年の研究の結果、“破滅のもと”こそが地球襲撃の元凶ということを突き止める。ミント飴がお好き。

いきなり壮大な話を聞いて驚くエヴァですが、持ち前の前向きさから、新人護民官ながらエスターに協力するを承諾します。しかし、まずは壊れた宇宙船を修理することが必要です。エヴァが“破滅のもと”との戦いに備えた前哨基地にある造船所の船長ペンギンのピートに相談すると、エルキウス水晶を持ってくれば船の修理をしてくれるとのこと。エルキウス採鉱場の座標を教わったエヴァは、急いで採鉱場へ向かうことにします。

では、はじまり〜、はじまり〜。

※本攻略記はネタバレありのプレイ日記ですので、未プレイの方はご注意ください。また、文中のキャラクターの発言・行動は、ゲーム内での会話や行動をそのまま使っている以外に、誤訳、意訳、筆者が脳内補完している部分がありますので、何卒ご容赦ください。

採鉱場へ行く前に…

今の装備は護民官府で手に入れた制服のままなので、エルキウス水晶の採鉱場へ行く前に、武器・防具を強化しておきたいところです。今いる惑星で少しクラフトに力を入れましょう。素材を集めてクラフトするための拠点を作ります。

エヴァ

「とりあえずモンスターが入ってこなければOKよね!さあ、できたマイハウス!」

うーん、我ながらセンスゼロ。家というより木材で囲んだだけの箱ですね。。。まあ、今は素材も少ないので家具を凝って作れないので目をつぶりましょう。

ここを拠点に、地下や洞窟を探索して素材を集めます。集めた素材を加工して、必要な材料が集まると武器や防具を作ることができます。武器や防具にはたくさんの種類があり、クラフト好きな人にはたまらないでしょう。そうこうしているうちに、偵察者シリーズの装備が一式整います。

装備を変えると、見た目も変わります。偵察者シリーズを身につけるとこんな感じになります。エヴァちゃんは何を着てもプリティ!!

武器も、壊れたブロードソードや拾ったハンマーだけでは厳しいと思うので、鉄のブロードソードを作っておきます。武器にはそれぞれ必殺技があるので、武器を探索したり、クラフトする楽しさがありますね。

一応、装備を整えたので採鉱場へ向かいましょう。

採鉱場で何が起こったの?!

エルキウス採鉱場の座標はセイルにインプットしてもらったので、船からテレポートすることができます。

採鉱場へテレポートすると、テレポート装置のすぐ近くに採鉱場の建物があります。

恐る恐る建物の中に入りますが、明かりは消えており、誰も見当たりません。

エヴァ

「う〜ん、省エネ・少人数で経営しとるんかいな??」

セイル

「地下に生命反応があります。何の生命反応かは不明です。」

赤色の警報ランプが回っており、明らかに何かが起こっていると思いますが、エヴァちゃんは鈍感なので気づきません。しばらく地下へ降りていくと、セイルが話しかけてきます。

セイル

「建物が封鎖されたと表示されています。施設を十分に稼働させるために、ブレーカーを見つけなければなりません。光源の少ない状況です。注意してお進みください。」

ほら、やっぱり。。。絶対、敵がいるわ。。。ゲームあるあるで先を読んでしまいますが、簡単に水晶が手に入るはずはないので、気合を入れて地下を降りていきます。

ピンクモンスター!!

施設にはところどころ扉がロックされている箇所があるので、それらを開きながら先へ進んでいきます。

そして、ある扉を開くと、突然、何かが開いた扉の中から現れ、襲いかかってきます。

エヴァ

「ぎゃーーー、なんかでたぁ〜。」

暗がりなのでよくわかりませんでしたが、明るい場所で見るとピンク色のモンスターです。あれ、以外に弱そう。。。

そしてすぐにセイルからの通信が入ります。

セイル

「エルキウスの化学記号と人間のDNA、両方の存在を検出しています。」

エルキウスと人間のDNA?なんのことじゃろ??と思いますが、狭い建物の中で敵が攻撃してくるので、応戦するしかありません。ピンク色のモンスターは弱そうな見た目と違って、意外にも攻撃が痛いです。

あっという間にエヴァちゃんの体力は削られてゼロになります。残念ながら、宇宙船で再生されリスタートです。。。

ピンクモンスターに全く歯が立たなかったです。

スポンサーリンク

あかん、装備を強化しよう!

アクションが上手い人だと攻略できるのかもしれませんが、私の今のテクニックでは無理です。装備をさらに強化しましょう。再び、惑星に戻ってクラフトに勤しみます。そして、防具のスカベンジャー・シリーズが揃います。

一式、装備したお姿がこちら。やっぱり、エヴァちゃん、カワユス。。。

ですが、防具を新調しただけでは心もとないので、さらに良い武器を探して惑星の探索を続けます。

すると、洞窟の地下で「Xia-Li Solarbrand」という氷属性のブロードソードを手に入れます。

振るうと、氷のきらめきが起こります。いやーん、かっこいい。

さらに装備を強化しようと、惑星を探索していると、巨大なきのこが側に生えている“きのこ型の家”があります。まさか、キノ○オのご自宅?!と思いますが、家には誰もいません(惑星はランダム生成なので思いがけない発見があり、このように探検しがいがあります)。

きのこハウスの近くを調べていると、きのこの宝箱を発見します。中には“野生キノコ(ワイルドファンガス)”の装備が入っています。

“野生キノコ(ワイルドファンガス)”の装備を装着するとこんな感じ。超極悪。。。

キノコのヘルメットが極悪なので、外してみると上下の服は可愛らしいです。

このゲームは見た目もいろいろ遊べるよう、防具の上から衣装を羽織ることができます。衣装は防御力には関係ないのですが、可愛いので、今回はこのままキノコの服を着ておきましょう。

リターン・トゥ・採鉱場!!

装備を強化したので、再び採鉱場へ戻ります。ピンクモンスターから受けるダメージも減ったので、私の腕でもなんとか前に進んでいくことができます。

ピンクモンスターを倒しつつ、地下へ降りていくと、やっと作業員の姿を発見します。

作業員

「気をつけろ!お前もあの生肉みたいなモンスターにさせられるぞ!」

作業員はパニックを起こしており、落ち着いて話すことができません。まあ、生き残った人間がいるということがわかったので、助けるためにもさらに地下へ降りて行きましょう。

ピンクモンスターってもとは…

さらに先へ進むと、今度は集団でモンスターに立ち向かっている作業員たちがいます。

作業員

「奴らを押し戻せ!」

作業員たちと一緒になってピンクモンスターを撃退し、彼らから話を聞きます。

作業員

「警報で目覚めたときには、すでにこの施設は封鎖された後だったんだ!あの化け物たちは突然現れたんだ…。」

作業員たちの話によれば、寝ている間に施設は封鎖されたとのこと。とんでもないブラック企業ですね。。。さらに、作業員たちと安全を確保した場所の近くでショットガンを発見します。スペシャル能力が懐中電灯となっており、暗がりでも使い勝手が良さそうです。

初めての銃器ですが、ピンクモンスターたちを遠距離から倒せるようになり、探索が捗ります。ラッキー!

ピンクモンスターをバンバン撃って先へ進むと、今度は作業員の格好をしたピンクモンスターが襲ってきます。

一体どうして?と思っていると、エスターから通信が入ります。

エスター

「彼らを見て、おそらくエルキウス水晶と長い間接触していると、あのように変異させられるんだわ!哀れね… あの生物は完全に自我を失っている。」

なんとピンクモンスターは、元々は作業員でエルキウス水晶に曝露してモンスター化しているようです。ここに来るまで沢山倒しちゃったよ。。。それに、エヴァちゃんもどんどん鉱脈の地下へ降りてるけど大丈夫かいな。。。

目覚めたエルキウス生命体

さらに先へ進むと、作業員たちが確保している安全なスペースにたどり着きます。作業員に話を聞くと奇妙なことを言います。

作業員

「愚かにもあいつを目覚めさせてしまったんだ。そして今、延々とその代償を払わされているってわけだ。」

作業員によると、何かが目覚めた… らしいです。さらに、近くの箱から“緊急閉鎖”についての文書を発見します。

文書は採鉱場を所有する会社が従業員に発信したもので、「エルキウスの生命体が施設内に目覚めました。従業員は冷静さを保つようお願いします」とのこと。作業員の言っていたことと一致します。

それにしてもエルキウスの生命体って、、、水晶の化け物でしょうか。どんな敵かわからないのでドキドキします。

巨大ボス!エルキウスの怪異

正直、モンスターにはなりたくないのでとっとと採鉱場から帰りたいですが、水晶を持って帰らないと宇宙船の修理ができません。仕方なく、ドクロマークが描かれた立ち入り禁止エリアへと降りて行きます。

さすがに注意書きのあるエリアだけあって、ピンク色にひかるエルキウス鉱物が多くなってきます。

そして、縦穴を降りると、いきなりボス戦が始まります。ボスの名前は“エルキウスの怪異(Erchius Horror)”。巨大なエルキウス水晶の塊です。よく見ると、本体の中央に大きな目があり、体の中に複数の人間を取り込んでいるようです。

足場の関係で剣では攻撃しずらいので、水晶めがけてショットガンを撃ちますが、全くダメージを与えることができません。焦っていると、セイルから通信が入ります。

セイル

「通常兵器がエルキウス水晶にダメージを与えられる確率は推定0%です。あなたは別の攻撃手段を考える必要があります。」

ええっ!通常兵器が効かないとなると、逃げ回るしかありません。その間もボスは自身の体内で変異させたピンクモンスターを発生させたり、ビームで攻撃してきます。

どう対応すべきか辺りを見渡してみると、ボスの真下に採掘レーザーがあり、そのパワーを貯めるボタンが周囲にあることがわかります。

ボスの攻撃を避けてボタンを押してパワーを貯めて採掘レーザーを当てます。すると、通常兵器ではダメージを与えられなかったボスにダメージが通ります。よし、これや。

あとは焦らずにボスの攻撃を避けて、採掘レーザーによる攻撃を何度か繰り返し、ボスの撃破に成功します。ほっ。

エルキウス水晶をゲットだぜ!

ボスを撃破すると、ボスの体内に囚われていた作業員が現れます。どうやら変異する前に助けることができたようです。

囚われていた作業員

「あのモンスターを倒したんだね!あの中に囚われて、もう少しで化け物に変異させられるところだったよ…。」

犠牲は多かったですが、一人でも助けられて良かったです。そして、ボスがいた部屋の先の宝箱から“エルキウスの怪異”という鉱夫の日記を見つけます。

それによると鉱脈深部でそれを発掘し、目を覚ますのを目撃した。当初、それは意志をもった水晶と思われていたが、まばたきをしない1つの目が本体であることがわかった。応戦したが、採掘レーザー砲を放棄して逃げざるを得なかった。私より勇敢な者ならレーザー砲を使って奴らを破壊できるだろうというようなことが書かれています。

まあ、先ほどボスを撃破した通りの内容なので驚きはありませんが、他の鉱脈の地下にこのような化け物がいないとは言い切れないのが怖いですね。。。

さらに宝箱には“キャプチャーポッド”というものが入っていました。セイルによると、「これを使えば体力の低い敵を捕獲することができます。捕獲したモンスターは従順になります」とのこと。

うぁ〜、ポ○モンのボールじゃないですか。ここから出たら使ってみたいです。とても楽しみですが、まずは水晶を手に入れておきましょう。先へ進むと、エルキウス水晶が沢山ある場所があり、そばには採掘ドリルが置かれています。

セイル

「ここには船を修理するのに十分なエルキウス水晶があります。」

エヴァは採掘ドリルを起動させて、エルキウス水晶を手に入れることに成功します。

水晶を獲得した先にはテレポーターがあり、これを使って採鉱場を脱出することが可能です。

さて、今回はここまで。

次回は、早速手に入れたエルキウス水晶を持って、ペンギンのピートに宇宙船を修理してもらいましょう。

では。

スポンサーリンク