アナログカードゲーム「ごきぶりポーカー」面白いブラフゲーム!

こんにちは、ゆうじんです。

久しぶりに家族や親戚、友人で集まったときに小さい子供さんがいるときには、ゲームをするとワイワイ会話が弾みます。

特に、トランプなどのアナログゲームは、対面で顔を見ながら遊ぶことができるのでコミュニケーションが深まります。

そんなときに、私のオススメのアナログカードゲームがこちら、「ごきぶりポーカー」です。

スポンサーリンク

ごきぶりポーカーとは

「ごきぶりポーカー 」(原題 Kakerlakenpoker) は、ドイツのおもちゃメーカー、ドライ・マギアが発売しているカードゲームです。日本ではメビウスゲームズさんから販売されています。

ドイツは、アナログのボードゲームやカードゲームが人気のアナログゲーム大国ですが、そのドイツで2004年ゲーム大賞の準候補となっている名作カードゲームです。

ゲームの内容としては、8種類の「嫌われ者」の動物や害虫(ゴキブリ、ネズミ、コウモリ、ハエ、カエル、クモ、サソリ、カメムシ)が描かれたカードを押し付けあうゲームです。ブラフゲームとして心理的要素が重要です。

プレイ人数は2 – 6人で、プレイ時間は約20分。対象年齢は8歳以上です。

(ゲームの流れ)

8種類の嫌われ者カード64枚を、全員に手札として配ったらゲーム開始です。

最初のプレイヤーが、手札からカード1枚を裏向きにして、好きな人に差し出します。 この時、ウソでもホントでも良いので「これは、ごきぶりです」などと差し出したカードの正体を言います。

次に、カードを差し出されたプレイヤーは、差し出されたカードの正体を見抜いて勝負することもできますし、別のプレイヤーにそのカードを回していくこともできます。

正体を見抜いて勝負するときは、差し出されたカードをめくる前に、「はい、これは本当にごきぶりです」とか「いや、これはごきぶりではありません」と宣言して、カードをめくって正体を確認します。正体を見抜かれたプレイヤー、もしくは、見抜き間違えたプレイヤーに、そのカードがペナルティとして渡されます。ペナルティとなったカードはプレイヤーの前に表面にして置いておきます。

カードを差し出されたときに、別のプレイヤーにカードを回す場合は、自分だけわかるようにカードの正体を確認してから、嘘でもホントでも良いので、「これはごきぶりです」とか「いえ、実はハエでした」などと宣言して、他の人に差し出して回していきます。

全員に回りきるまでに途中でカードの正体が見破る人がいなかった場合は、最後のプレイヤーがカードの正体を見抜く勝負をしないといけません。

これを繰り返してゲームを続けていき、誰かが同じ生き物を自分の前に4枚溜めたら、その人が負けとなり、ゲーム終了です。

このゲームの面白いところ

このゲームをやっていて、私が楽しいと思うところは以下のようなポイントです。

  • 簡単なルールで、子供でも遊ぶことができます。
  • ブラフゲームとして心理戦に勝てると気持ちよいです。ニヤッとしてしまいます。
  • ペナルティで同じ嫌われ者が4枚揃うと負けとなってルールがあるため、戦略性や読み合いが深まっています。同じ嫌われ者を何枚ペナルティとして持っているかが、それぞれのプレイヤーの前にあるため、それから残りの手札を読んだり、勝負のしどころを考えたりすることができます。
  • 嫌われ物たちですが、カードの絵柄は比較的可愛らしいです。

でも、私はうそを言うと、なぜかばれます。そして、ばれると続けて狙われていきます。。。

本当にシンプルなルールなので、子供やお孫さんとやってもワイワイ楽しめると思います。気になった方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

では。

スポンサーリンク